CY15x104QSx F-RAM™のECC – KBA220250 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by keni_4440091          Version: **

     

    Translation - English: ECC in CY15x102QSx/CY15x104QSx F-RAM™ – KBA220250

     

    質問:

    サイプレスCY15x104QSx F-RAMECCはどのように動作しますか?

     

    回答:

    サプレスCY15x104QSx F-RAMは、1-ビットエラー検出および訂正、そして2-ビットエラー検出(この場合は、自動エラー訂正ではない)をサポートするECCがチップ上にあります。

     

    CY15x104Qxは、データ単位の8バイト(64ビット)毎にECCを内部的に計算します。読み出し動作時に2-ビットエラーを検出した場合、ECCステータスレジスタの2DB2-Bit ECC

    検出)が‘1’にセットされます。2ビットエラー検出が発生した場合、確認のため読み出し動作後にECCステータスレジスタを読む事ができます。2DBビットはクリアECCステータスレジスタ(CLECC1BH)コマンドを使用して‘0’にクリアできます。

     

    アドレストラップレジスタ(ADDTRAP)およびECC検出カウント(ECCDC)は、ECC情報を提供する他の2つの関連するレジスタです。ADDTRAPレジスタは2-ビットエラーの最初のデータユニットのデータユニットアドレスを取り込み、保持します。2-ビットエラーの後のユニットアドレスはADDTRAPレジスタに取り込まれません。

     

    ECCDCレジスタは、2-ビットエラーが検出される毎に1を増やす合計2ビットエラー検出カウントを保持します。ADDTRAPおよびECCDCは、パワーオンリセット(POR)、ハードウェアおよびソフトウェアリセット毎の後に‘0’にクリアされる揮発性レジスタで、低電力モード(ハイバーネートおよびDPD)を終了します。ADDTRAPおよびECCDCレジスタのステータスは、アクティブおよびスタンバイモードの間、保持されます。

     

    ECCステータスレジスタはECCRD19H)コマンドを使用して読む事ができます。ECCステータスレジスタを読むために下記のコマンドシーケンスを使用する必要があります。

    1. ECCRDコマンドを発行
    2. 3-バイトのECCデータユニットアドレス(CY15x104QSxのデータユニットは8バイト; A0A1A2は内部的に無視される)を送信
    3. 構成されているようにダミーサイクルを送信(メモリ読み出しのために構成される潜在サイクルを使用)
    4. 8-ビットECCステータスレジスタを読み出し

     

    他のECCレジスタ(ADDTRAPおよびECCDC)はRDAR65H)コマンドを使用して読む事ができます。