USB-UARTブリッジコントローラー(Gen IおよびGen II)のフロー制御ピン - KBA86252 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert          Version: *A

     

    Translation - English: Flow Control Pins in the USB to UART Bridge Controller (Gen I and Gen II) - KBA86252

     

    質問:

    USB-UARTブリッジコントローラー(Gen IおよびGen II)のフロー制御ピンの機能は何でしょうか?

     

    回答:

    USBからUARTへのブリッジコントローラーのCTSRTSDTR、およびDSRピンには、ハードウェアフロー制御とI/O2つの機能があります。USBUARTコンフィグレーションユーティリティ(CY7C65225用)またはUSBシリアルコンフィグレーションユーティリティ(CY7C65213 / CY7C65211 / CY7C65215)を使用して、これらの機能のいずれかでコントローラーを再構成できます。

    フロー制御。2つのUARTリンクの処理速度が異なる場合は、この機能を選択します。UARTレシーバーがUARTを介した2つの連続した受信の間に処理遅延がある場合、CTSラインをデアサートすることにより、UARTトランスミッタに「待機」を通知できます。データを送信する準備ができると、トランスミッタはRTSピンを使用してレシーバーに信号を送り、受信ラインをアクティブに保つことができます。DTR/DSRピンは、送信/受信機能を有効または無効にできます。RTS/CTSピンは、個々のデータブロックの転送を有効または無効にできます。

    I/Oこの機能は、UARTトランスミッタとレシーバーの処理速度が同じ場合に選択できます。CTSRTSDTR、およびDSRピンを、USB要求によってPCから読み書きできる汎用I/Oとして使用できます。このモードでは、CTSおよびDSRは入力ピンとして機能し、RTSおよびDTRは出力ピンとして機能します。