PSoC 4100S PlusでピンがSPIスレーブに割り当てられている場合の注意 - KBA230764 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert          Version: **

     

    Translation - English: Caution When a Pin is Assigned for SPI Slave in PSoC 4100S Plus - KBA230764

     

    質問:

    PSoC Creator™ PSoC® 4100S Plus 64-TQFPSPIスレーブ用のSCB [3]を選択することはできません。なぜでしょうか?

     

    回答:

    SPIには、マスター出力スレーブ入力(MOSI)、マスター入力スレーブ出力(MISO)、シリアルクロック(CLK)、およびスレーブ選択(SS)の4つのピンが必要であり、これらのピンは同じシリアル通信ブロック(SCB)の専用ピンである必要があります。

    また、SPIマスターのselect0select1select2SSを選択できる場合でも、SPIスレーブのSSselect0にすることができます。

    割り当てられる専用ピンの可用性は、パッケージの容量によって異なります。特定のパッケージですべての専用ピンを使用できない場合、デバイス内の対応するブロックを使用することはできません。

    たとえば、PSoC 4100S Plusデータシートにおいて、PSoC 4100S PlusとしてのAlternate Pin Function(代替ピン機能)」には、P6.0MOSI用)、P6.1MISO用)、P6.2CLK)、およびP6.3SS)が1示すように、SCB [3]SPIスレーブインスタンスの専用ピンであることを示しています。P6 [3] – P6 [5](青色で強調表示)は、SCB [3]SSを表しますが、select0のため、SPIスレーブのSSP6 [3]だけになります。

     

    1 . 代替ピン機能

     

     

    PSoC 4100S Plusデータシートのピン配置によると、P6 [3]64-TQFPデバイスでは利用できません。2参照してください。

     

    2 .ピン配列のピンリスト

     

     

    パッケージの容量によっては無効になっているピンがあるため、ピンリスト(2)のピンを注意深く確認してください。したがって、SCB [3]ではなく、SCB SPIに他のSCBブロックを使用することをお勧めします。

    ブロックを使用する必要がある場合は、PSoC 4100S PlusデータシートAlternate Pin Function」をチェックして、デバイス内で利用できないブロックを選択しないようにしてください。

    他のペリフェラルやSPIを使用する場合は、ピン配置を確認することをお勧めします。

    参照文書: