GX3ベースの設計における磁気およびRJ45コネクタの選択とトレードオフ - KBA00114 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by YaNi_3193241          Version: **

     

    Translation - English:  Magnetics and RJ45 Connector Selection and Trade-Offs for a GX3-Based Design - KBA00114

     

    質問:
    一体型RJ45コネクタモジュールを使用するのは、マグネティックスを使用するか、個別のマグネティックスを使用するか、およびGX3ベースのソリューション用のシンプルなRJ45コネクタを使用するかをどのように決定しますか?

     

    回答:

    磁気は、10/100/1000 Base-T物理媒体接続(PMA)電気インターフェースの要件を満たすために最も一般的に使用される方法です。 設計者は、磁気を組み込んだRJ45コネクタモジュールを使用するか、個別の磁気と単純なRJ45コネクタを使用するかを選択できます。 ただし、すべての設計のすべての目的を最低コストで満たす標準的なソリューションはありません。 各ソリューションには、独自の利点とトレードオフがあります。

    ディスクリートマグネティックスとRJ45コネクタで統合RJ45モジュールを使用する利点と欠点の概要を以下に示します。

     

    メリット
         •BOMの削減と生産(組み立て)コストの削減
         •金属シールドによる敏感なケーブル側信号の優れた電磁両立性(EMC)シールド
         •個別の磁気とコネクタよりも設置面積が小さい
         •フォームファクターが小さい

     

    短所

         •製造コストが高い
         •統合された設計におけるスペースの制約により、磁気コアはより小さく相互に近くなり、その結果、クロストーク、EMC特性の低下、非線形歪みの増加、および磁気損失が発生します。

     

    統合された磁気/コネクタモジュールには、システム全体に存在するノイズから部品をシールドする金属シールドが部品全体に配置されています。 ただし、サイズが小さいため、ノイズが磁気回路のケーブル側とPHY側の間にカップリングし、コモンモードチョーク効果が低下し、パフォーマンスが低下するリスクが高くなります。

    分離した磁性体とコネクタは、磁性体内部のさまざまな部品間の結合が少ないため、コモンモードフィルタリングが改善されます。 ただし、信号は磁気によってフィルタリングされた後、PCBのコネクタにルーティングされます。 システムにノイズが含まれている場合、これがイーサネット回線に結合し、EMCの問題を引き起こす可能性があります。 したがって、デザインで何を使用するかを決定しながら、これらの長所と短所のバランスをとる必要があります。