S70GL02GSの2番目のダイへのアクセス – KBA219687 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert       Version: **

     

    Translation - English: Accessing the Second Die in S70GL02GS – KBA219687

     

    質問:

    S70GL02GS2番目のダイにアクセスするコマンドを送信するときに、アドレスビットA261に設定する必要はありますでしょうか?

     

    回答:

    はい、S70GL02GS2番目のダイにアクセスするコマンドを送信するときは、アドレスビットA261に設定する必要があります。

    デバイスS70GL02GS001-98296 Rev H)は、並列に接続された2つのS29GL01GS001-98285 Rev K)ダイで構成されるデュアルダイスタックですが、チップセレクト(CS#)信号は1つだけです。これは、各ダイがコマンドを並行して受信することを意味します。下位のアドレスダイはA26 = 0のコマンドを受け入れ、上位のアドレスダイはA26 = 1のコマンドを受け入れます。これは、各コマンドの各アドレス引数に各ダイのベースアドレスを追加することで管理できます。最初のダイのベースアドレスは0x0で、2番目のダイのベースアドレスは0x4000000です。

     

    例:

    ダイ1の最初のセクターを消去するコマンドシーケンス:

    1. アドレス0x555 /データ0xAA; 最初のロック解除サイクル
    2. アドレス0x2AA /データ0x55; 2回目のロック解除サイクル
    3. アドレス0x555 /データ0x80; 最初のコマンドサイクル
    4. アドレス0x555 /データ0xAA; 2番目のコマンドサイクル
    5. アドレス0x2AA /データ0x55; 3番目のコマンドサイクル

     

    アドレス0x0000000 /データ0x30;セクターアドレス/セクター消去コマンド ダイ2の最初のセクターを消去するコマンドシーケンス2

    1. アドレス0x4000555 /データ0xAA; 最初のロック解除サイクル
    2. アドレス0x40002AA /データ0x55; 2回目のロック解除サイクル
    3. アドレス0x4000555 /データ0x80; 最初のコマンドサイクル
    4. アドレス0x4000555 /データ0xAA; 2番目のコマンドサイクル
    5. アドレス0x40002AA /データ0x55; 3番目のコマンドサイクル
    6. アドレス0x4000000 /データ0x30; セクターアドレス/セクター消去コマンド

     

    メインフラッシュアレイを読み取るために特別なアドレス操作は必要ありません。読み取り中、2つのフラッシュダイがあることはわかりません。両方のフラッシュチップにまたがる連続したアドレス空間があることだけです。コマンドの書き込みとコマンド応答の受信には、特別なアドレス操作が必要です。多くのコマンドには、555h / AAhおよび2AAh / 55hアドレス/データパターンで構成される「ロック解除サイクル」があります。これらのサイクルでは、A26を正しく設定する必要があるため、ロック解除サイクルは、意図したフラッシュダイによって受け入れられます。一部のコマンドには、A26を介して正しいダイに送信する必要があるアドレス引数もあります。これらの引数は次のとおりです。

    • RA =読み取りアドレス
    • PA =プログラムアドレス
    • SA =セクターアドレス
    • WBL =書き込みバッファの場所
    • PWA =パスワードアドレス
    • XXX =無視(単一ダイのみ)

    以下は、GL-Sデータシート001-98285 Rev Kのコマンドの部分的な表で、影響を受けるアドレス引数が強調表示されています。