消去一時停止またはプログラム一時停止中に可能な操作 - KBA219641 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert        Version: **

     

    Translation - English: Operations Possible During Erase Suspend or Program Suspend – KBA219641

     

    質問:

    消去一時停止またはプログラム一時停止中に実行できる操作は何でしょうか?

     

    回答:

    • 消去操作が一時停止されると、プログラムまたは読み取り操作は、他の一時停止されていないセクターに対して許可されます。
    • プログラム操作が中断されると、他の中断されていないセクターに対して読み取り操作が許可されます。

    この回答は、一時停止および再開機能をサポートするすべてのサイプレスパラレルおよびシリアルNORフラッシュパーツに当てはまります。たとえば、シリアルNORフラッシュデバイスのS25FL-Lファミリの場合、データシート002-00124 Rev Cはこの質問に対する回答を示しています。

     

    セクション8.6.5には、一時停止中にフラッシュが受け入れることができるすべてのコマンドをリストした表もあります。これは部分的なスナップショットです:

     

    リストには主にメインアレイの読み取りコマンドが含まれますが、デバイスIDSFDCの読み取り、レジスタの読み取り、ステータスのクリアコマンド、ページプログラムコマンド、個別のブロックロックコマンド、セキュリティ領域のプログラムと読み取りコマンド、再開コマンドも含まれます。

    使用しているデバイスファミリによっては、この許可コマンドのリストがFL-Lのリストとは詳細に異なる場合があるため、詳細については適切なフラッシュファミリのデータシートを確認してください。