PSoC®1とSPI EEPROMのインターフェース – KBA221411 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert    Version: **

     

    Translation - English: Interfacing PSoC® 1 to an SPI EEPROM – KBA221411

     

    質問:

    PSoC®1を外部SPI EEPROMにインターフェースするにはどうすればよろしいでしょうか?

     

    回答:

    添付のプロジェクトは、PSoC® 1 が外部SPI EEPROMおよびATMEL AT25080Aデバイスにどのようにインターフェースされるかを示しています。プロジェクトでは、PSoCSPIマスター(SPIM)ユーザーモジュールを使用して外部SPI EEPROMと通信します。位置0から31までの32バイトのアレイがEEPROMに書き込まれ、同じアレイがEEPROMから読み取られます。読み取られた最初の8バイトがLCDに表示されます。

    添付のドキュメントには、ユーザーモジュール、その配置、ユーザーモジュールのパラメーター設定、グローバルリソース設定、およびハードウェア接続に関する完全な情報が記載されています。また、プロジェクトの動作に関する詳細な説明も提供します。

    次のリンクからドキュメントとプロジェクトファイルをダウンロードします。