フロースルー対パイプラインメモリ – KBA221475 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  keni_4440091 Expert    Version: **

     

    Translation - English: Flow-through versus Pipelined memory – KBA221475

     

    質問:-フロースルー(FT)とパイプライン(PL)モードの違いは何ですか?どちらのモードを使用すべきですか?何故、新しいデュアル-ポートのみがパイプライン化されているのですか?

     

    回答:

    フロースルーデュアル-ポートモードは待ち時間なしでデータアクセス可能です。言い換えると、読み出しデータは同じクロックサイクルで戻され、読み出し命令が実行されます。これは、データへのアクセス時間が重要なアプリケーションで有利となります。残念ながら、メモリアレイを読み出し、同じサイクルで値を返すと動作周波数が遅くなり、結果的にデバイスの帯域幅が低くなります。パイプラインデュアル‐ポートモードは、読み出し動作を2つステップに分割することでデバイス帯域幅は増加します。メモリアレイは最初のクロックサイクルの間にアクセスされます。読み出しデータは登録され、2番目のサイクルで出力に駆動されます。このように、パイプライン化されたデバイスには、データの読み出しに1サイクルの待ち時間があります。しかし、アクセスを2つのステップに分割することにより、クロックサイクルは短くなり、デバイス帯域幅が増加します。通常、フロー‐スルーとパイプラインデバイスの間の書き込み動作で違いはありません。将来的なデバイスで、追加のパイプラインステージが追加される可能性があります。この場合、読み出し待ち時間は、デバイス帯域幅の継続的な改善を行うために34、またはそれ以上に増加するでしょう。

     

    1424 閲覧 カテゴリ: Memory: Specialty Memory   タグ: timing, dual-port srams, dual port, flowthrough, pipeline