Android Studio 3.1でCySmartソースコードを実行する - KBA 224169 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161    Version: **

     

    Translation - English: Run CySmart Source Code on Android Studio 3.1 - KBA 224169

     

    質問:

    CySmartのソースコードは、Android Studio 1.3.1に基づいています。新しいバージョンのAndroid Studioでソースコードを実行するにはどうすればよいでしょうか?

     

    回答:

    CySmart は、サイプレスによって開発されたBluetooth Low EnergyBLE)ユーティリティであり、標準のBluetooth Sig採用またはカスタムBLEプロファイルおよびサービスを使用するすべてのBLE製品で使用できます。CySmart apkファイルとソースファイルは、サイプレスのWebサイトから入手できます。

    サイプレスが参照用のソースコードを提供しているため、Android Studioを使用してCySmartに基づく独自のアプリを開発することができます。CySmartソースコードを実行しようとすると、ソースコードが以前のバージョンのAndroid Studioで開発されているため、エラーが発生する場合があります。CySmartアプリのソースコードを実行する前に、いくつかの変更を行う必要があります。次の手順に従って、Android Studio 3.1でアプリのソースコードを実行します。これは、現時点で最新のバージョンです。

     

    1. Android Studio 3.1Java環境をインストールします。

    2. Android SDKプラットフォームを選択し、Android StudioCySmartソースファイルを開きます。Android Studioは自動的にGradleの同期を試みますが、サポートされていないメソッドが原因で失敗します。

    3. build.gradleファイルを開き、Androidプラグインのバージョンを2.3.2に変更します。

    4. Android StudioGradleファイルを見つけられない場合は、mavenCentral()jcenterに変更する必要がある場合もあります。

    5. gradle-wrapper.propertiesを開き、distributionUrlGradleバージョンを3.3に変更します。

     

    6. build.gradleファイルで、buildToolsVersion25.0.0に変更します。

     

    7. Android Studioで、Gradleを同期するには、[Try Again(再試行) ]をクリックします。次に、[実行]をクリックします。 

    これで、Android Studio 3.1CySmartを正常に実行できます。