FX2LPでの短いパケットのコミット - KBA223293 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161    Version: **

     

    Translation - English:Committing a Short Packet in FX2LP - KBA223293

     

    質問:

    FX2LPからの短いパケットをスレーブFIFO AUTOモードとMANUALモードでホストにコミットするにはどうすればよいでしょうか?

     

    回答:

    FX2LPが外部インターフェイスからデータを受信すると、外部デバイスによって送信されたデータがFX2LPエンドポイントの最大パケットサイズの整数倍ではない状況が発生する可能性があります。このような場合、これらの短いパケットは手動でホストにコミットする必要があります。この実装は、AUTOモードとMANUALモードでは異なります。

     

    AUTOモード:

     

    AUTOモードでショートパケットをコミットする方法は2つあります。

     

    1. データ転送が完了した後、外部デバイスはPKTENDピンをアサートする必要があります。
    2. FX2LPMANUALモードに切り替えてデータをコミットしてから、AUTOモードに切り替えます。MANUALモードでは、SKIPビットを設定せずにINPKTENDレジスタに書き込むことにより、データをホストにコミットできます。.

     

    MANUALモード

     

    MANUALモードでショートパケットをコミットする方法は2つあります。

     

    1. EPxBCHLレジスタには、ホストにコミットする必要なデータのバイトをロードできます。
    2. また、データをUSBホストにコミットするためにSKIPビットを設定しなくても、INPKTENDレジスタをロードできます。