WICED WICED Module Programmer ユーザーガイド - KBA225060 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by KoSa_1909416          Version: **

     

    WICED® Module Programmerは、サイプレスBluetooth WICEDモジュールのプログラミングを支援するGUIベースのソフトウェアです。

     

     

    1.  ハードウェアをセットアップします。 次の記事を参照してください。

     

    Downloading into the CYBLE-013025-00 module – KBA222505

    Programming an EZ-BT WICED Module – KBA223428

     

    2.  以下の手順に従って、モジュールをリセットするか、リカバリモードに設定します。

     

     

     

     

    リセット

    リカバリ

    CYBLE-013025-00

    XRESをGNDに落とした後、解放します。

    リセット期間中にSDAをGNDに接続してから、信号を解放します。
    CYBT-353027-02

    XRESをGNDに落とした後、

    解放します。

    リセット期間中にSPI2_CS_NをVDDに、UART_CTSをGNDに接続し、               その後2つの信号を解放します。
    CYW20706-based modules

    XRESをGNDに落とした後、

    解放します。

    リセット期間中にSPI2_MOSIをGNDに接続してから、信号を解放します。
    CYW20719-based modules

    XRESをGNDに落とした後、

    解放します。

    リセット期間中にUART_CTSをGNDに接続してから、信号を解放します。

     

     

    3.  ソフトウェアパッケージを解凍して、WICED Module Programmerソフトウェアをインストールします。

          WICED SmartまたはWICED Studio SDKは必要ありません。

          以下に示すように、フォルダの下には4つのファイルがあります。

     

                                                                    図1 ソフトウェアパッケージ内容

                                                                         pastedImage_24.png

     

    4.   WICED_MOD_Programmer.exeファイルを実行します。

          図2に示すようなWICED Module Programmerのウィンドウが表示されます。

     

                                              図2 WICED Module Programmer

                                    pastedImage_26.png

     

     

    5.  Module Nameのドロップダウンメニューで、プログラムするモジュールを選択します。

     

     

    6.   Device Information セクションのSerial PortConfigureをクリックして、

          各モジュールが接続されているUSB-UARTアダプターのシリアルポート番号を設定します。

          BDアドレスの詳細については、Bluetooth仕様バージョン4.2、ボリューム6、パートB、セクション1.3を参照してください。

     

     

    7.   Program Optionsで、Verificationを選択します。 これによりプログラミングの時間が長くなってしまいます。

     

     

    8.  Program BD Address を選択して、BDアドレスを設定します。

         デフォルトでベースアドレスが提供されます。 次のいずれかの方法を使用してBDアドレスを生成します。

     

                                             図3 BDアドレスの生成

                                pastedImage_27.png

          a.  ベースアドレスにビット演算を行って、ランダムなBDアドレスを生成します。

          b.  プログラミングした後ベースアドレスから自動的に1ずつインクリメントして、BDアドレスを生成します。

     

     

    9.   Programをクリックしてプログラミングを開始します。 結果はResultフィールドに表示されます。

          ”Success”は、選択したすべてのDUTが正常にプログラムされた場合にのみ表示されることに注意してください。