Manufacturing Mode(マニュファクチャリング・モード)が無効な場合のUSBシリアルデバイスの再プログラム – KBA95908 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by NoTa_4591161       Version: *A

     

    Translation - English: Reprogram USB Serial Device when Manufacturing Mode Disabled – KBA95908

     

    質問:

    マニュファクチャリングインターフェイスを無効にした後、USBシリアルデバイスを再プログラムすることはできますか?

     

    回答:

    はい、マニュファクチャリングインターフェイスを無効にした後でも、USB-シリアルデバイスを再プログラムすることが可能です。

     

    USB-Serialデバイスを再プログラムするには、UBS-Serial Configuration Utilityが接続時にデバイスを認識できる必要があります。

     

    デバイスのシリアル通信ブロック(SCB)がSPIまたはI 2 C として構成されている場合、デバイスはサイプレスベンダードライバーCYUSB3.sysにバインドします。この場合、マニュファクチャリングインターフェイスが無効になっている場合でも、デバイスはUSB-シリアル設定ユーティリティにリストされます。コンフィグレーションユーティリティからデバイスを再プログラムできます。

     

    USB-SerialデバイスのすべてのSCBが通信デバイスクラス(CDCUARTとして構成され、マニュファクチャリングインターフェイスが無効になっている場合、デバイスはUSB-Serialコンフィグレーションユーティリティに表示されません。ただし、USB-Serial SDKの一部である実行可能なCyrecovercdcdevice.exeを使用してマニュファクチャリングモードを有効にすることができます。これは<インストールディレクトリ>\Cypress\USB-Serial SDK\bin」で利用できます。

     

     

    デバイスを再プログラムするには、次の手順を実行します。

     

    実行ファイルがあるフォルダに移動し、次のコマンドで「cyrecovercdcdevice.exe」を実行します。

     

    C:\Program Files (x86)\Cypress\USB-Serial SDK\bin>cyrecovercdcdevice.exe #comport_number

     

     

    注: comport_numberは、デバイスが列挙したUSBシリアルCOMポートに対応しています。

     

    たとえば、USBシリアルデバイスがCOM8にバインドされている場合、コマンドは

    C:\Program Files (x86)\Cypress\USB-Serial SDK\bin>cyrecovercdcdevice.exe 8

     

    このコマンドを実行すると、マニュファクチャリングインターフェイスが一時的に有効になります。デバイスがUSB-Serial Configuration Utilityに表示されるので、USB-Serialデバイスを再プログラムできます。