S70FS01GS NORフラッシュに対するソフトウェア アプリケーションの注意事項 - KBA225966 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  HiOm_1802421 Expert          Version: **

     

    Translation - English: Software Application Notice for S70FS01GS NOR Flash - KBA225966

     

    質問:

    S70FS01GSには2つのS25FS512Sダイが搭載されていますが、チップセレクト(CS#)ピンは 1 つしかありません。フラッシュへアクセスして設定するにはどうしたらいいですか?S70FS01GSには何か制限や特別な注意事項はありますか?

     

    回答:

    S70FS01GSは、1Gビットのメモリを提供するために、同じパッケージ内に2つのS25FS512Sダイをスタックすると共に、1つのチップセレクト(CS#)を提供しています。アドレス範囲全体にアクセスでき、両方の512Mビット デバイスが同じ挙動をするようにするには、以下のガイドラインと構成を検討してください。

     

    • フラッシュ アドレスとアクセス

    S70FS01GSの合計アドレス空間が3バイト アドレスの制限を超えているため、2つの512Mビット デバイスの1Gビット空間およびレジスタに完全アクセスするには、4バイト アドレス コマンドを使用する必要があります。4BAM (B7h)コマンドを使用して4バイト アドレス モードに入ります。

     

    4バイト アドレス コマンドでは、アドレス空間の下位512Mビット(0x0000_0000~0x3FFF_FFFF)へのコマンドに半分が、上位 512Mbit(0x0400_0000~0x7FFF_FFFF)へのコマンドにもう半分が応答します。

     

    シーケンシャル リード出力は、512Mビットの境界を越えず、同じ半分の最下位アドレスに戻ります。例えば、S70FS01GSのアドレス0x03FF_FFFFでのシーケンシャル リードの後には、0x0000_0000に戻ってリードが続きます。S70FS01GSのアドレス0x7FFF_FFFFでのシーケンシャル リードの後には、0x0400_0000に戻ってリードが続きます。

     

    • コマンド

    S70FS01GSはCS#ピンが1つであるため、コマンドに明示的なアドレスを持たないレガシー レジスタ アクセス コマンドはS70FS01GSではサポートされていません。例えば、対応するレジスタにアクセスするための、WRR (01h)、RDCR (35h)、RDSR1 (05h)、RDSR2 (07h)のコマンドは、S70FS01GSではサポートされていません。RDAR (65h)とWRAR (71h)の後に4バイトのレジスタ アドレスを付加したコマンドを使用してください。

     

    S70FS01GSには、512Mビットの両方のダイで並列に動作する、特定のアドレスを指定する必要がないコマンドもあります。例えば、4BAM (B7h)、CLSR (82hまたは30h)、RST (99h)、WREN (06h)、WRDI (04h)のコマンドは、ソフトウェアの互換性と利便性の観点から、両方の512Mビット デバイスで動作します。

     

    • レジスタと構成

    2つの512Mビット デバイスのレジスタは個別に構成する必要があります。コマンドRDAR (65h)とWRAR (71h)を使用してレジスタにアクセスし構成します。以下のレジスタ アドレスについては、データシートの表9.2で説明しています。0x0000_0000で始まるベース アドレスは下半分の512Mbitダイ用であり、0x0400_0000で始まるベースアドレスは上半分の512Mbitダイ用です。

     

    両方の512 Mbitデバイスが同じ動作をするためには、ほとんどのレジスタ構成が同じである必要があります。特に、次のレジスタビットは同じである必要があります。

      • SR1NV[7]およびSR1V[7]:ライト イネーブル ラッチ ビッ ト。これらのビットは、1Gビッ ト空間全体にライトまたは消去操作が適用できるようにするために、同じでなければなりません。
      • CR1NV[1:0]およびCR1V[1:0]、CR2NV[6]およびCR2V[6]:QUADおよびQPIモードビット。これらのビットは、512Mビット デバイスが同じモードで動作するために、同じでなければなりません。
      • CR2NV[7]およびCR2V[7]:3バイトまたは4バイトのアドレス モード ビット。これらのビットは、同じアドレス長をサポートするために、同じでなければなりません。
      • CR2NV[5]およびCR2V[5]:IO3またはRESET#多重化ビット。両方のデバイスが IO3/RESET# ピンの信号を正しく認識するために、これらのビットは同じでなければなりません。
      • CR2NV[3:0]およびCR2V[3:0]:ダミー サイクル ビット。これらのビットは、正しい読み出しレイテンシを維持するために、同じでなければなりません。
      • CR3NV[5:4]およびCR3V[5:4]、CR3NV[1:0]およびCR3V[1:0]:ブランク チェック、ページ バッファ ラップ、消去セクタ、レガシー リセット ビット。これらのビットは、両方の512Mビット デバイスで同じ構成を維持するために、同じでなければなりません。
      • CR4NV[7:4]およびCR4V[7:4]、CR4NV[1:0]およびCR4V[1:0]:インピーダンス、ラップ イネーブル、およびラップ長ビット。これらのビットは、512Mビットデバイスの両方で同じ構成を維持するために、同じでなければなりません。

     

    • 4Kバイト パラメータ セクタとブロック保護の用途

    ほとんどのレジスタ構成は512Mビット デバイスの両方で同じでなければなりませんが、ひとかたまりの1Gビット デバイスに仕立てるために一部の構成は異なる必要があります。

      • CR1NV[2]およびCR1V[2]、CR3NV[3]およびCR3V[3]:4Kバイトのパラメータ セクタ構成ビット。4Kバイトのパラメータ セクタは、1Gビットのアドレス空間の下部または上部にのみ配置することができます。つまり、これらの2つの構成ビットのうち、3つの組み合わせしかサポートされていません。

     

    DeviceLower FS512SUpper FS512S
    Parameter Sectors LocationCR1NV[2]( TBPARM_O)CR3NV[3]( 20h_NV)CR1NV[2]( TBPARM_O)CR3NV[3]( 20h_NV)
    None (Uniform Sectors)X1X1
    Bottom00X1
    TopX110
    Default Configuration0000

     

      • LinuxでS70FS01GSを使用する場合、現在のLinux MTDドライバは均一なセクタ サイズしかサポートしていないことに注意してください。詳細については、S25FS-S Support Under Linux - KBA218975 を参照してください。
      • SR1NV[4:2]およびSR1V[4:2]:ブロック保護ビット。ブロック保護は、各512Mビット デバイスのセクタを保護するために、必要に応じて FS512S 毎に設定する必要があります。なお、各デバイスのTBPROT_Oビットの構成は同じにする必要があるため、BP保護範囲は両方のデバイスで上向きまたは下向きになります。

     

    S70FS01GSでサポートされている全機能および詳細については、デバイスのデータシート 12.4項を参照してください。