USB WKUPによるUSB動作クロック停止モードからのF2MC-16LXウェイクアップの問題 - KBA227510 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert          Version: **

     

    Translation - English: F2MC-16LX Wakeup Issue from USB Operation Clock Stop Mode by USB WKUP - KBA227510

     

    質問: USB WKUPを割り込みトリガーとして使用して F2MC-16LXファミリーがUSB動作クロック停止モードからウェイクアップしない問題を解決するにはどうすればよいでしょうか?

     

    回答: F2MC-16LXファミリーは、USB WKUPを割り込みトリガーとして使用して、USB動作クロック停止モードからウェイクアップできません。これは、USB動作クロック停止モード中、USB動作部「UDC」(下記ブロック図参照)のクロックがゲーティングされるためです。

    pastedImage_6.png 

    ただし、USB動作クロック停止モードでUSB WKUP検出が必要な場合、UDCSレジスタのSUSPを「1」にする必要があります。つまり、USB機能はサスペンド検出モードです。

    USBデバイスをサスペンドステータスからウェイクアップステータスに移行するために、USBプロトコルは次の2つの方法を提供します。

    • USBデバイスからのリモートウェイクアップ
    • USBホストからのウェイクアップ

     

    USBデバイスからのリモートウェイクアップが採用されている場合、UDCSレジスタのSUSP0にすることができます。USBバスは無視できるため、USB WKUPSTOPモードからウェイクアップするトリガーではありません。デバイスは外部割り込みによって回復する必要があります。

    USBホストからのウェイクアップが採用されている場合、USB WKUPが期待されます。つまり、UDCSレジスタのSUSP1でなければなりません。

     

    F2MC-16LXファミリーでは、USB機能を備えているのはMB90335シリーズとMB90330Aシリーズのみです。