MiniProg3 / Miniprog4を使用したCCG3PAのデバッグ - KBA227291 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert        Version: **

     

    Translation - English:Debugging CCG3PA with a MiniProg3/Miniprog4 - KBA227291

     

    質問:

    SWDインターフェイスを使用してCCG3PAをデバッグするにはどうすればよいでしょうか?

     

    回答:

    SWDインターフェイスを使用してCCG3PAをデバッグするには、次の手順に従ってください。

    1. PSoC ® Creatorを立ち上げ、noboot.cydsnフォルダからnoboot.cyprjプロジェクトを開きます。

    2. MiniProgCCG3PASWDインターフェイスに接続します。[Debug ]タブで、[ Select Debug Targe ]をクリックしてダイアログを開きます。

    3. [ Port Setting ]をクリックし、1示す設定を構成します。MiniProg3を使用する場合、ステップ3とステップ4に少し時間がかかります。

    1 . ポート設定

    pastedImage_5.png

    4. [ Select Debug Target ]ダイアログで、CCG3PAMiniProg3の下に表示されるまで待ちます。CCG3PAを選択し、[ OK / Connect ]をクリックします。

    2 . デバッグターゲットの選択
      pastedImage_11.png

     

    5. ワークスペースエクスプローラーで[ System ]をクリックし、図3に示すようにデバッグ選択にSWD(シリアルワイヤーデバッグ)を選択します。これは、プロジェクトでピン7およびピン8GPIOとして設定できないことを意味します。GPIOを選択した場合でも、デバイスはSWDで取得して再プログラムできますが、デバッグには使用できません。

    3 . デバッグターゲット

      pastedImage_71.png

    6. F5キー押してプロジェクトをデバッグします