リモートウェイクアップテストをパスさせる ー サイプレスUSBビルボードコントローラのCVテストを有効にする - KBA215811 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  keni_4440091 Expert          Version: *A

     

    Translation - English: Passing the Remote Wakeup Test – Enabled CV Test for Cypress USB Billboard Controller – KBA215811

     

    質問:

    どのようにしてTD 9.12 リモートウェイクアップテスト - サイプレスUSBビルボードコントローラ(CY7C65210, CY7C65217)のUSB CVテストツールの9 テスト(USB 2デバイス)の一部で有効であるテスト- をパスさせますか?

     

    回答:

    USB 3 コマンド検証(CV)テストツールは、USB-IF準拠を達成するための一部として要求される重要なユーティリティです。サイプレスビルボードデバイスでは、CVツールにある下記のテストスイートを実行する必要があります:

     

    • ビルボードテスト
    • 9章テスト[USB 2 テスト]
    • HIDテスト

    リモートウェイクアップテスト - 有効になっているテストは、図1に示すような、USB 3 CVツールの9章テスト(USB 2 デバイス)テストスイートの一部です。
    1: リモートウェイクアップテスト-有効化

     

    このテストスイートの一部の他のテストとは異なり、リモートウェイクアップテスト-有効化されたテストはユーザーによって手動の介入が必要です。このテストを実行すると、CVテストはウェイクアップトリガを待ちます。図2に示すように、ツールは、デバイスからリモートでウェイクアップするようにユーザーに促します。


    2: Fig 2: リモートウェイクアップの開始

     

    リモートウェイクアップは2つの方法でトリガされます:

    1)  WAKEUPピン(ピン9)をlowにプルする

    2)  GPIO_1ピン(ピン19)をlowにプルする

     

    上記2つのウェイクアップソースのどちらか1つでトリガする事ができます。トリガが成功すると、図3に示す様にテストはパスします。テストユーティリティがそれを促す時にトリガがない場合、テストは失敗します。

    3: テストパス

     

    準拠テストの継続を予定する場合、上記ソースのどちらかを手動トリガでボード上に準備することを推奨します。