Cypress 256Mbit SPI Flash Memoryの読み出し / 書き込み / 消去動作のアドレス指定幅の3Byteアドレスと4Byteアドレスを切り替える方法を教えてください - KBA203738- Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by KaKi_1384211          Version: **

     

    Translation - English: How do I switch between the 3-byte address and 4-byte address read/ program/ erase operations on Cypress's 256 Mbit SPI Flash device? - KBA203738

     

    【質問】

    Cypress 256Mbit SPI Flash Memoryの読み出し / 書き込み / 消去動作のアドレス指定幅の3Byteアドレスと4Byteアドレスを切り替える方法を教えてください。

     

    【回答】

    Cypress 256Mbit Flash Memory(及び、大容量SPI Flash Memory) 3Byteアドレス指定幅と4Byteアドレス指定幅に対応しています。

    これはBank Address Register(BAR) bit0bit7を組み合わせて設定することにより、それぞれ対応することが出来ます。

    3Byteアドレス指定幅を使用する場合、Memory空間を半分にしたLow(256Mbitの場合は128Mbitまで) のアドレスを指定する際は

    Bank Address Register(BAR) bit0=0bit7=0に設定(デフォルト) する必要があります。

    High(256Mbitの場合は128Mbit以上) のアドレスを指定する際はBank Address Register(BAR) bit0=1bit7=0に設定する必要があります。

    これにより、3Byteアドレス指定幅で3Byteアドレスコマンドを使用し、256Mbitのアクセスを可能にします。

    一方、4Byteアドレス指定幅を使用する場合、Bank Address Register(BAR) bit0=0bit7=1に設定する必要があります。

    これにより、4Byteアドレス指定幅で3Byteアドレスコマンドを使用して、256Mbitのアクセスを可能にします。