CX3ビデオタイミングパラメーターの分析 - KBA226779 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert        Version: **

     

    Translation - English: Analysis of CX3 Video Timing Parameters – KBA226779

     

    一般に、CX3 MIPIコンフィグレーションツールには、独自の重要性を持つさまざまなビデオタイミングパラメーターがあります。このKBAでは、MIPIブロックのすべてのビデオ関連パラメーターについて説明します。

    Untitled.png

     

    タイミングパラメータを理解するには、仮想パラメーター(ピクセルクロック)を導入する必要があります。ピクセルクロックは、ピクセルがビデオストリームで送信されるクロックレートです。その値は、ビデオの解像度と1秒あたりのフレーム数(FPS)によって異なります。

    次のようにピクセルクロックを計算します。

    1秒あたりのフレーム数がFPSで、(H-Active x V-Active)がビデオ解像度の場合、H-BlankV-Blankが導入されたブランキング時間です。

    1つの完全なフレームの時間(つまり、(H-合計x V-合計)解像度の場合)= 1÷FPS

    1つの完全な水平線の時間=1÷FPS÷V-合計(ライン数)

    1ピクセルを送信する時間=1÷FPS÷V-合計(ライン数)÷H-合計(ピクセル数)

    このとき、ピクセルクロック(MHz=FPS×V合計×H合計) ÷10 ^ 6

     

    H-合計(µs)の計算:ピクセルクロック)×H-合計(ピクセル数)

     

    最小CSIクロックを計算するには:

    CSIクロックは、ビデオデータビットがMIPIブロックに入るクロックレートです。データビットはDDRをサポートしているため、クロックの両方の(立ち上がりおよび立ち下がり)エッジで転送されます。1つのクロックエッジで入力されるビット数は、選択したMIPIデータレーンの数と同じです。

    CSI仕様の最小値を計算するには、次のように各ビットに必要な最小時間を見つける必要があります。

     

    各水平ラインの総ビット数= H-アクティブ×ピクセル深度

    各ビットに必要な時間=H-アクティブ(ピクセル)×ピクセル深度)÷H-合計(μs

    すでに述べたように、CSIクロックはDDRなので、時間は半分になります=H-アクティブ(ピクセル単位)×ピクセル深度)÷H-合計(µs単位)÷2

    CSIクロックの各エッジで転送されるビット=データレーン

    したがって、必要な最小CSIクロック=H-アクティブ(ピクセル)×ピクセル深度)÷H-合計(µs÷2÷データレーン

     

    CSIインターフェースのH-アクティブ時間を計算するには:

    MIPIインターフェースが送信する必要のある1つの水平ラインのビットの総数= H-アクティブ(ピクセル単位)×ピクセル深度

    CSIクロックの各エッジで転送されるビット=データレーン

    CSIクロックにはDDRがあります。したがって、有効なクロックは、2×CSI_Clockになります。

    1つの水平ラインでデータビットを転送するのにかかる時間(Hアクティブ時間(µs))= [1÷2×CSI_Clock×データレーン)ピクセル深度×Hアクティブ(ピクセル)

     

    PHY時間遅延値を計算するには:

    PHY遅延値は、「THS PREPARE +THS ZERO / 2)」 時間でCSI RXLPßàHSクロックによって取得されるティックのおおよその数です。この遅延値は、LPからHSへの遷移を制御するために使用されます。この値はツールによって計算されます(MIPI Receiver Configurationの右下隅を参照)。CyU3PMipicsiSetPhyTimeDelay()を使用して手動で設定する必要があります。

    PHY時間遅延値= {[THS_Preparein ns+THS_Zeroin ns/ 2]÷[CSI RXLPßàHS ClockMHz×1000]} -1

    ティック数は小数にはできないので、この値を切り上げます。範囲が0から始まるため、この値から1が差し引かれます。