S29GL-N、S29GL-SおよびS29GL-Tのライト バッファ プログラミング シーケンスの中止 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by HiOm_1802421        Version: **

     

    Translation - English: Abort Write Buffer Programming Sequence for S29GL-N, S29GL-S, and S29GL-T – KBA221921

     

    質問:

    S29GL-N、S29GL-S、およびS29GL-Tファミリのライト バッファ プログラミング シーケンスを中止するにはどうすればよいですか?

     

    回答:

    ライト バッファ プログラミング シーケンスは、次の方法で中止できます。

    • バッファ サイズより大きいワード カウント値をロードする。
    • ライト バッファ ロード コマンドで指定したアドレスとは異なるセクタのアドレスに書き込む。
    • 操作のライト バッファ データ ロード段階で、開始アドレスで選択されたページとは異なるライト バッファ ページにアドレス/データ ペアを書き込む。
    • 指定されたデータ ロード サイクルの後に、確認コマンド以外のデータを書き込む。

     

    ライト バッファ アボート状態は、上記の条件のいずれかによって発生する可能性があります。 ソフトウェアが正しく記述されている場合、ライト バッファ アボートは発生しません。

     

    アボート状態は、DQ1 = 1、DQ7 = DATA#(ロードされた最後のアドレス位置)、DQ6 =トグル、およびDQ5 = 0で示されます。

     

    ライト バッファ アボート リセット コマンド シーケンスは、次の操作のためにデバイスをリセットするために書き込まなければなりません。

     

    例:

    フラッシュ デバイス:S29GL064S70TFI030

    SA125:7D0000hから7DFFFFh

     

    1. WBプログラミング:7D0000hから7D0100h。ちょうど256バイトのページ境界内にあります。
    2. WBプログラミング:7D0100hから7D0200h。ちょうど256バイトのページ境界内にあります。
    3. WBプログラミング:7D0020hから7D0120h。ちょうど256バイトですが、ページ境界内ではありません。
    4. WBプログラミング:7D0120hから7D0220h。ちょうど256バイトですが、ページ境界内ではありません。

     

    上記のケース#3と#4のように、ライト バッファ プログラミング シーケンスが複数のページにわたって発行された場合、WBプログラミング操作は中止されます。