PSoC®アナログコプロセッサの正確なメインクロック - KBA220469 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by keni_4440091        Version: **

     

    Translation - English:  Accurate Main Clock in PSoC® Analog Coprocessor - KBA220469

     

    質問:

    PSoCアナログコプロセッサの、より正確なクロックのためDPLLをどのように有効にしますか?

     

    回答:

    TRMではガイダンスを提供しています。しかし、レジスタリストを検索するよりもシステムレベルのAPIを使用する方が簡単です。

    P4.0(osc in)P4.1(osc out)に接続されたピンに32.768kHz水晶および調整容量を実装します。

    開始コードで、時計用水晶発振器(WCO)を開始し、発振が安定するまで500msec待ち、DPLLを有効にします。

    CySysClkWcoStart();

    CyDelay(500);

    CySysClkImoEnableWcoLock();

    HFClokに接続されているPWMを使用して動作を確認できます。PWM出力にスコープを接続します。ブート時に、システムクロックは、期待値から少し異なるIMOに接続されます。500 msecの遅延後、PWM周波数はロック値にシフトされ、PWM波形でこれを観察する事ができます。

     

    744 閲覧 カテゴリ: MCU & PSoC: Auto MCU

    タグ: clock, clocks, microcontroller (mcu) and programmable system-on-chip (psoca) families, pll, crystal oscillators, microcontroller (mcu) and programmable system-on-chip, wco, dpll