4Gモジュール電源用にS6BP203Aを使用する - KBA220671 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by keni_4440091        Version: *A

     

    Translation - English: Using S6BP203A for 4G Module Power – KBA220671

     

    質問:

    4Gモジュール電源用にS6BP203A3.8Vを出力できますか?

     

    回答:

    4Gリモート無線通信モジュールはテレマティックスBoxT-Box)アプリケーションに含まれています。多くの4Gモジュールは3.8V電源供給を要求されます(例えば、http://www.telit.com/cellular/)。サイプレス車載PMIC S6BP203Aは下記のように4Gモジュール電源用に構成可能です。

     

    VOUTレールに直接FBピンを接続する代わりに、図1に示してあるように2つの抵抗をFBピンに付け足して下さい。

    調整された出力電圧は下記のように計算されます:

    13.8V出力する構成


     

    FBピン入力抵抗RFBの影響を最小限にするため、R1およびR2はデータシートに示しているように2.53M Ω (最小)であるRFBよりも小さくして下さい。3.8V出力では、R1R2の推奨値は:R1=36kΩR2=270kΩです。

    副作用として、R1R2は追加の負荷電流を発生させます、/(1+2)。推奨抵抗値では、無負荷状態での追加の入力電流は10uA未満となります。

    幾つかの4Gモジュールは3Aのパルス電流を必要とします。図23Aパルス負荷電流(0.05A← →3.1A)でのS6BP203Aの過渡波形を示しています。出力電圧は3.3V以上を保持可能です。

    3に示す様に、瞬間負荷電流時間(t)はS6BP203A温度上昇によって制限されます。例えば、Ta=105°C条件では、温度上昇はTjmax-Ta45°C未満でなければいけません。従って、3A瞬時負荷電流の比率は47%未満にする必要があります。

     

    23Aパルス付加電流での瞬間波形


     

    3.温度上昇 3A瞬間負荷電流比率


     

    211 閲覧 カテゴリ: Other Technologies: Power Management

    タグ: adjustment, voltage regulator, power management, boost regulator, buck regulator, switching regulators, analog, pmic, s6bp203a, output voltage, 4g module, booster regulator, mcd - auto - analog