USB Type-C DisplayPort (DP) ケーブルソリューションでのレギュレータと補助スイッチの必要性 - KBA97274 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by Motoo Tanaka        Version: **

     

    Translation - English: Need for Regulator and Auxiliary Switch in Type-C to DisplayPort (DP) Cable Solution - KBA97274

     

    質問: Type-C - DisplayPort (DP) ケーブルソリューションにレギュレータと補助スイッチ(Auxiliary Switch) が必要なのはなぜですか? 省略しても良いでしょうか?

     

    回答:

    Type-C - DP ケーブル ソリューションは VBUS か VCONN の電圧で動作します。VBUS は 5V ですが、VCONN は 2.7 V から 5.5V まで変化する可能性があります。VBUS と VCONN の電圧は論理和(OR) を取られてから CCG1 デバイスを動作させる安定した 3.3V を得るために LDO に供給されます。そのため LDO はデザインに必須となり省略することは出来ません。補助スイッチは Type-C - DP ケーブル ソリューションで DisplayPort オルタネートモードに入ることに成功したときに Sideband Use (SBU1 と SBU2) 信号を切り替えるために必要となります。このデザインにおいて補助スイッチは必須となります。