高集積 2ポート USB Power Delivery 準拠ハブ コントローラ (HX3C) を使用して PCB サイズの小型化と BOM の低コスト化を図る - KBA212029 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by Motoo Tanaka       Version: **

     

    Translation - English:  Saving PCB Size and BOM Cost by using Highly Integrated Two-Port USB Power Delivery Compliant Hub Controller (HX3C) - KBA212029

     

    質問: 2ポート PD (power delivery)準拠ハブ コントローラ (HX3C) はどのように PCB サイズの小型化と BOM の低コスト化に貢献しますか?

     

    回答:

    USB Type-C 規格とは新しい USB-IF 標準でこれまでの USB コネクタやType-A と Type-B ケーブルの抱えていた問題のいくつかを解決しています。USB Type-C は上下反転可能でスリムなコネクタを使用することで、コンシューマや工業用製品の小型化を加速します。USB Type-C 標準はその小さなフォームファクター、複数のプロトコル (DisplayPort, 電力とデータ) を転送できる使いやすいコネクタとケーブル、前世代標準の 7.5W までの電力供給能力と比較すると著しく向上した 100W までの電力供給能力等により急速に支持を増やしています。

     

    USB Type-C と USB PD の有するこれらすべての優れた機能により、Cypress は USB PD が消費者向け製品に急速に採用されていくものと予測しています。近い将来、ドック、モニター、ドングルなどの製品で使用される USB PD 準拠のハブには巨大な需要が見込まれます。HX3C は USB PD 準拠のハブを設計するのに最適化されたソリューションを提供します。

     

    USP PD 準拠の標準的なハブは USB 3.1 Gen1 準拠ハブ、USB Type-C ポート毎に PD コントローラを一つ、DisplayPort をサポートするためのビルボード (Billboard) クラス デバイス、上下反転可能な接続をサポートする外部のマルチプレクサを必要とします。

     

    HX3C は USB 3.1 Gen 1 準拠のハブ、ビルボード クラス デバイス、USB PD 準拠の Type-C ハブを実装するために必要な2基の PD コントローラを統合したシングルチップのデバイスで設計期間の短縮、基板サイズの縮小と BOM のコスト低減に大きく貢献します。

     

    001-KBA212029.png

     

    HX3C と従来手法の主な部品数の比較

                                                                                                                           

    説明部品数
    Cypress HX3Cディスクリート部品を使用した従来手法
    ハブ コントローラ01
    Type-C コントローラ x 202
    ビルボード デバイス01
    統合された USB PD 準拠ハブ コントローラ10
    合計 部品数14

     

    表に記載された主な部品以外にも、HX3C を使用した場合には受動部品 (抵抗、コンデンサ) が省略されることによって、さらなる BOM コストの低減が実現可能です。さらに、HX3C を使用することにより、基板上の Type-C/PD ハブ デザインの領域がディスクリート 部品で構成された場合と比較して 50% 縮小可能です。HX3C のリファレンス回路や BOM に関するより詳細な情報は、 www.cypress.com/support にて technical support case を作成してください。