FM3 CSIOの通常の同期転送モード/スレーブで最初の送信データビットが欠落している – KBA227551 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161        Version: **

     

    Translation - English: Missing 1st Transmit Data Bit in FM3 CSIO Normal Synchronous Transfer Mode/Slave – KBA227551

     

    FM3クロック同期シリアルインターフェイス(CSIO)は、外部デバイスとの同期通信を可能にする汎用シリアルデータ通信インターフェイス(SPIをサポート)です。CSIOは、通常の転送(I)、通常の転送(II)、SPI転送(I)、SPI転送(II)などの一部の転送操作に対して構成可能です。CSIOはマスターまたはスレーブとして構成できます。

    32ビットマイクロコントローラFM3ペリフェラルマニュアル通信マクロパートをご参照願います。

     

    次のCSIO転送操作では、

    • 通常の同期転送モード(SCR.SPI = 0
    • スレーブモード(SCR.MS = 1
    • シリアルクロックが無効:シリアルクロック「SCK」がマスターからスレーブに入力されます。

     

    データ送信が有効(SCRTXE = 1)で、シリアルクロック(SCK)信号のマークレベル以外の時間に最初の送信データが送信データレジスタ(TDR)に書き込まれた場合、最初のデータビットは出力されません。そして、データ送信は失敗するかもしれません。

     

    データ送信を有効にした後(SCRTXE = 1)、最初の送信データをシリアルクロック(SCK)のシグナルマークレベルでTDRに書き込む必要があります。次の例(SCKの立ち下がりエッジ)では、2つの内部バスクロック(APB2バスクロック:PCLK2)の前にTDRに送信データを書き込む必要があります。そうしないと、最初の送信データがTXラインに出力されません。

     

     

    Untitled.png