PDL 2.1.0 を使用して S6E1C シリーズ スタータ キットの URART ログを ホストPC のターミナルに出力する - KBA226798 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816         Version: **

     

    Translation - English: Output UART Log on S6E1C Series Starter Kit with PDL2.1.0 to Host PC Terminal - KBA226798

     

    質問:

    PDL 2.1.0 を使用して S6E1C シリーズ スタータ キットの URART ログを ホストPC のターミナルに出力するにはどうしたら良いですか?

     

    回答:

    スタータ キットでは  SOT1_1 と SIN1_1 ピンが S6E1C3 マイクロコントローラのピン SIN0_1 と SOT0_1 にそれぞれ接続されていて、CMSIS-DAP ポートと S6E1C3 マイクロコントローラの UART 通信を可能にしています。

    001-pastedImage_0.png

     

    しかし、PDL 2.1.0 (…\PDL\2.1.0\utilities\printf_scanf\uart_io.c) では、MCU の UART TX ポートは SOT0_0 に設定されています。その為、 S6E1C シリーズのスタータ キットでは、下記の変更が必要になります。

     

    ファイル: …\PDL\2.1.0\utilities\printf_scanf\uart_io.c

    関数: void Uart_Io_Init(void)

     

    #if (PDL_UTILITY_ENABLE_UART_PRINTF == PDL_ON)

    - SetPinFunc_SOT0_0(); 

    + SetPinFunc_SOT0_1(); 

    Mfs_Uart_EnableFunc(UartCh, UartTx);

    #endif

     

    詳細については下記をご参照ください。

    FM0-64L-S6E1C3 - Arm® Cortex®-M0+ MCU Starter Kit with USB and Digital Audio Interface

    Peripheral Driver Library (PDL)