FX3プロジェクト用のKeil MDKの構成 - KBA228968 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  NaMo_1534561 Expert          Version: **

     

    Translation - English: Configuring Keil MDK for FX3 Projects - KBA228968

     

    このKBAでは、FX3ファームウェアをKeil IDEに移植する方法について説明します。 同様の手順を使用して、FX3ファームウェアを他のIDEに移植できます。

     

    このKBAに添付されている2つのzipファイルには、FX3 SDKから移植されたKeilプロジェクトが含まれています。 これらのファイルは、このドキュメントで説明されている手順に従って作成されています。 これらを参考にして、手順を確認できます。

     

    1. IDEのダウンロードとインストール:

    FX3はARM926EJコアをベースにしており、最新バージョンのKeil uVisionコンパイラ(5.28)では直接サポートされていません。 したがって、Keil IDEをダウンロードしてインストールした後、レガシーサポートパックを追加する必要があります。

    1. https://www.keil.com/download/product/ からKeil uVision 5.28をダウンロードしてインストールします。
    2. http://www2.keil.com/mdk5/legacy からMDKのレガシーサポートパックをダウンロードしてインストールします。
    3. KEILライセンスの制限については、以下のリンクを参照してください。 http://www.keil.com/demo/limits.asp

     

    2.プロジェクトの作成:

         1. このフォルダは、SDKからプロジェクトにファイルをコピーする以降の手順で使用されることに注意してください。

         2. Keil uVision 5.28を開きます。

         3.Project > New uVision Project.を選択します。 プロジェクトファイルを保存するためのフォルダが作成された場所を参照します。 図1を参照してください。

     

       Figure 1. Creating New uVision Project

     

         4. プロジェクトの適切な名前を入力し、[Save]をクリックします。

         5. 表示されるウィンドウで、図2に示すように次の操作を行います。

      • [Device]タブで、最初のドロップダウンメニューから[Legacy Device Database]を選択します。
      • その下の検索ボックスに「 ARM9E-S」と入力し、下のリストからデバイスを選択します。


    Figure 2. Choosing the Device

     

      • [OK]をクリックします。

         6. Project > Manage > Project Items を選択します。

         7. 3に示すように、[Manage Project Items]ダイアログの[Folders/Extensions]タブで次の操作を行います。

         a. ARMプロジェクトにGCCコンパイラ(GNU)を使用を選択します。

         b. [Prefix]ボックスにarm-none-eabi-と入力します。

         c. GNU-Tool FolderボックスにC\ Program Filesx86\ Cypress \ EZ-USB FX3 SDK \ 1.3 \ ARM GCC \と入力します。

         d. OKをクリックします。


    Figure 3. Configuring Keil to be used as GCC Compiler for ARM Projects

     

         8. Keil IDEを使用してFX3 SDKUSBBulkSrcSinkプロジェクトをビルドするには、以下を実行します。 4を参照してください。

              a. SDKのプロジェクトフォルダーに移動しますC\ Program Filesx86\ Cypress \ EZ-USB FX3 SDK \ 1.3 \ firmware \ basic_examples \ cyfxbulksrcsink


    Figure 4. Files in the USBBulkSrcSink Project in FX3 SDK

     

              注: プロジェクトフォルダの場所は、SDKのインストールディレクトリによって異なります。

              b. すべての.c.h.smakefile、およびmakefile.initファイルを、ステップ1でプロジェクトファイルを格納するために最初に作成されたKeil IDEプロジェクトフォルダーにコピーします(図5を参照)。


    Figure 5. Keil project folder after copying the files from the project in FX3 SDK

     

         9. 以下を実行して、コピーしたファイルをKeil IDEのソースグループ(ターゲット1の下)に追加します。


              a. ソースグループ1を右クリックし、[Add Existing Files to Group]を選択します。
              b. 手順1で作成したKeilプロジェクトフォルダーを参照します。

              c. 手順8.bSDKからコピーしたすべてのファイルを追加します。

     

      Figure 6. Adding source files into the source group

     

              d. ファイルを選択したら、[Add]をクリックします。   

                追加されたファイルがソースグループ1に表示されます。

     

         10. File」および「Type」フィールドから各ファイルのファイルタイプを選択します。

    makefilemakefile.initのタイプが「テキストドキュメントファイル」であることを確認してください。 図7に示すように、タイプのドロップダウンを選択します。

     

    Figure 7. Adding file type for each source file

     

     

    すべての.cファイルは自動的に「Cソースファイル」として追加され、.sファイルは「アセンブリ言語ファイル」として追加されます。 図8を参照してください。

     

    Figure 8. Files listed in the Source Group

     

    注:プロジェクトに同じ名前の2つのファイル(SDKUSBBulkSrcSinkプロジェクトのcyfxbulksrcsink.hcyfxbulksrcsink.cなど)がある場合、ファイルタイプを1つのファイルをcソースファイル、もう1つをテキストドキュメントファイルにします。

     

         11. ファイルタイプを変更するには、ファイルを右クリックし、図9に示すように[Options for File]を選択します。図10に示すようにファイルタイプを選択します。

     

    Figure 9. Select options for file for changing file type


    Figure 10. Changing File type to required type

     

    3. ターゲットオプションの設定

     

                   1. ターゲットを右クリックし、[Options for Target]を選択します。

     

    Figure 11. Selecting Options for Target

     

              2. [Linker]タブに次の項目を追加します。 図12を参照してください。すべてのパスが引用符で囲まれていることを確認してください。

              Linker Script File:

         "C:\Program Files (x86)\Cypress\EZ-USB FX3 SDK\1.3\fw_build\fx3_fw\fx3.ld"

              Include Libraries:

         cyu3lpp -lcyfxapi -lcyu3threadx -lc -lgcc

              Include Paths:

            Figure 11. Selecting Options for Targetを参照

     

    注:追加するパスが複数ある場合は、各パスの前に「-L」(引用符なし)を追加します。 また、最初のパスにはこのプレフィックスを付けないでください。

    "C:\Program Files (x86)\Cypress\EZ-USB FX3 SDK\1.3\fw_lib\1_3_4\fx3_debug"

    "C:\Program Files (x86)\Cypress\EZ-USB FX3 SDK\1.3\ARM GCC\lib\gcc\arm-none-eabi\4.8.1”

    "C:\Program Files (x86)\Cypress\EZ-USB FX3 SDK\1.3\ARM GCC\arm-none-eabi\lib"

    Misc Controls:

    -Wl,-d -Wl,--no-wchar-size-warning -Wl,--entry,CyU3PFirmwareEntry

     

    Figure 12. Linker Tab


              3. 13に示すように、[Assembler]タブで、インクルードパスを(引用符で囲んで)追加します。

    Include Path:

    "C:\Program Files (x86)\Cypress\EZ-USB FX3 SDK\1.3\fw_lib\1_3_4\inc"          

     

    Figure 13. Assembler Tab

     

     

    4. [Options for Target]ウィンドウの[CC]タブ(Cコンパイル)で、図14に示すように、事前定義されたシンボルとインクルードパスを追加します。

    Define :

    __CYU3P_TX__=1

    Include Paths (in quotes):

    "C:\Program Files (x86)\Cypress\EZ-USB FX3 SDK\1.3\fw_lib\1_3_4\inc”

     

    Figure 14. CC Tab

     

    5. 15に示すように、[Listing ]タブで[Linker Listing]を選択します。

     

    Figure 15. Listing Tab

     

    6. 16に示すように、[Output]タブで次の操作を行います。

    1. 実行可能ファイルの名前を入力します。

    2. [Create Executable]オプションを選択します。

    3. [Debug Information]をチェックします。

    4. [Create HEX file]をチェックします。

    5. [Select Folder for Objects ]をクリックし、Keilプロジェクトフォルダの場所を参照します。 図17を参照してください。

     

    Figure 16. Output Tab

     

    Figure 17. Changing Output Folder for Objects

     

    7. [ User]タブで次の操作を行って、オブジェクトファイルを.imgファイルに変換します。 このファイルは、拡張子が.imgのKeilプロジェクトフォルダに保存されます。

    a. After Build/Rebuildグループの下で、Run #1を選択します。

    b. 次のコマンドを入力します。 パスは引用符で囲む必要があることに注意してください。

    "C:\ Program Files(x86)\ Cypress \ EZ-USB FX3 SDK \ 1.3 \ util \ elf2img \ elf2img.exe" -i BulkSourceSink.elf -o BulkSourceSink.img –v

    この例では、生成されたelfファイルの名前(つまり、ステップ6.の[Options for Target]の[Output]タブで実行可能ファイルに指定された名前)はBulkSourceSink.elfです。 オブジェクトファイル名を、[ターゲットオプション]ウィンドウで指定した適切な名前に置き換えます。

     

    Figure 18. User settings for executing the command after build

     

              8. プロジェクトをビルドします。 .imgイメージファイルはKeilプロジェクトフォルダに作成されます。