PSoC 4 CapSense の Cmod  と Cp を測定する - KBA225808 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by MoTa_728816          Version: **

     

    Translation - English: Measure Cmod and Cp of PSoC 4 CapSense - KBA225808

     

     

    質問:

    PSoC® 4 CapSense® デザインの Cmod と Cp はどのように測定したら良いでしょうか?

     

    回答:

    PSoC 4 の CapSense コンポーネントは IEC 60730 Class B の要求を満たすのに必要な自己診断ライブラリを内蔵しています。内蔵のライブラリは PSoC 4 CapSense 単体による Cmod と Cp の測定機能をサポートしています。

     

    Cmod は CSD センシング手法のオペレーションに必須な外部の変調用コンデンサで、CSD センシングが使用される場合にのみ必要です。コンデンサの推奨値は 2.2 nF/5V/X7R もしくはNP0 コンデンサとなっています。

     

    Cp は CSD センシング手法における寄生容量です。

     

    PSoC 4 CapSense BIST ライブラリを使用して Cmod と Cp を測定するのには、以下の関数をご使用ください。

     

    関数の定義

    説明

    uint32 CapSense_GetSensorCapacitance(uint32 widgetId, uint32 sensorId)

    この関数は指定されたウィジェット/センサを測定した結果を返すとともにそれをデータストラクチャに保存します。 コンポーネントの設定は測定結果に影響を与えません。下記のパラメータ設定を使用します:

    変調クロック周波数 - 可能な限り高く

    センスクロックソース - 直接

    IDAC センシング設定- IDAC の設定を使用

    補正 IDAC - 無効

    分解能 - 10 bits

    センサ容量の測定範囲は 5pF から 255 pF です。結果が 255 の場合、実際の値はそれ以上である可能性もあります。

    uint32 CapSense_GetExtCapCapacitance (uint32 extCapId)

    この関数はコンデンサの容量を測定し、結果を返すとともにそれを CapSense_EXT_CAP<EXT_CAP_ID>_VALUE レジスタに保存します。測定中の CapSense センサの状態はアナログハイインピーダンスになります。容量の測定範囲は 200pF から 60,000 pF です。測定精度は 10% です。

    extCapID パラメータで指定される測定対象の外部コンデンサのID番号は以下のようになります:

    CapSense_TST_CMOD_ID - Cmod コンデンサ

    CapSense_TST_CSH_ID - Csh コンデンサ

    CapSense_TST_CINTA_ID - CintA コンデンサ

    CapSense_TST_CINTB_ID - CintB コンデンサ

     

    添付はこれらの関数を使用して Cmod と Cp を測定するサンプルコードです。

     

    関数の実行には指定された一連の CapSense パラメータが使用されます。実行終了後、CapSense パラメータは元のデザインの値に復帰されます。

     

    これらの関数に加えて、BIST ライブラリはシールドセンサ、シールドタンクセンサ、CSX 内蔵容量もサポートしています。より詳細な情報は PSoC4 CapSense コンポーネントデータシートをご参照いただくか、Cypress 技術サポートまでお問合せください。

     

    参考資料:

    PSoC4 CapSense CSD Component Datasheet

    AN85951 - PSoC® 4 and PSoC® 6 MCU CapSense® Design Guide