I2Cを介してMBR3 CapSense信号を監視する方法– KBA225809- Community Translated (JA)

Version 4

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert     Version: *A

     

    Translation - English: How to Monitor MBR3 CapSense Signal Through I2C – KBA225809

     

    質問:

    MBR3 CapSense®のrawカウント、ベースライン、および差分カウントを監視するにはどうすればよいですか?

     

    回答:

    PSoC® 4でのCapSenseとは異なり、MBR3デバイスのファームウェア及びそのI2Cレジスタマップは固定されています。この場合、MBR3 CapSenseのrawカウント、ベースライン、および差分カウントを読み取る場合は、MBR3レジスタの操作方法を知っている必要があります。MBR3レジスタの詳細は、 MBR3 レジスタマップに記載されております。

     

    MBR3 CapSenseのrawカウント、ベースライン、および差分カウントを読み取るには、次のレジスタを使用します。

    レジスタ名

    レジスタアドレス

    レジスタの説明

    SENSOR_ID

    0x82

    読み書き可能。センサーのデバッグデータを報告するセンサーのID

    このレジスタの有効な値は、パーツ内のセンサーの数によって異なります。パーツの有効な値は0〜(センサー数 - 1)です。センサーIDは、MBR3データシートに記載されているセンサーインデックスIDです。たとえば、CS0のセンサーID0CS9のセンサーID9です。

    DEBUG_SENSOR_ID

    0xdc

    読み取り専用。このレジスタは、SENSOR_IDレジスタから値を取得します。

    DEBUG_DIFFERENCE_COUNT0

    0xde

    SENSOR_IDで指定されたセンサーのデバッグ差分カウント。

    DEBUG_BASELINE0

    0xe0

    SENSOR_IDで指定されたセンサーのデバッグベースラインカウント。

    DEBUG_RAW_COUNT0

    0xe2

    SENSOR_IDで指定されたセンサーのデバッグrawカウント。

    DEBUG_AVG_RAW_COUNT0

    0xe4

    SENSOR_IDで指定されたセンサーにアドバンスドローパスフィルターが適用されたデバッグ近接センサーの平均フィルターされたrawカウント。アドバンスドローパスフィルターが無効になっている場合、またはSENSOR_IDのセンサー番号が近接センサー以外のセンサーまたは無効になっているセンサーに対応している場合、この値は未定義です。

    例として、I2CマスターとしてBridge Control Panelを取り上げます。MBR3 CS6(有効になっている必要があります)のrawカウント、差分カウント、およびベースラインを読み取るには、次のようなコマンドラインになります。

     

    “W 37 82 06 P ;センサーIDを指定してください

     

    “W 37 DC P ;レジスタの読み取り開始を指定

     

    “R 37 DC XXXXXXXXP ; デバッグセンサーID、差分カウント、ベースライン、およびrawカウントを読み取ります

     

    「W」「R」または「P」は書き込み、読み取り、或いは停止のコマンドで、「37」はMBR3 I2Cスレーブアドレス、「82」は16進数のSENSOR_IDレジスタアドレス、「06」はCS6のセンサーID、「DC」は DEBUG_SENSOR_IDレジスタのアドレスになります。「XXXXXXXX」は読み込むバイト数です。

     

    詳細については、community.cypress.comにアクセスするか、サイプレスのテクニカルサポートにお問い合わせください。

     

    参考文献

    CapSense MBR3

    CY8CMBR3xxx CapSense Express Controllers Registers TRM