デザインワイドリソース (DWR) の影響 - PSoC アナログ部の動作条件 - KBA226869- Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

     

    Translation - English: Effects of Design Wide Resources - Operating Conditions on PSoC Analog Section – KBA226869

     

    質問:

    PSoC® Creator™ の デザインワイドリソース (DWR) の影響 - PSoC アナログ部の動作条件はアナログ部の動作にどのような影響を与えますか?

     

    回答:

    DWR の system エディタはさまざまなシステムプロパティを設定するのに使用されます。動作条件 (Operating Conditions) は DWR のカテゴリーのひとつです。動作条件の設定はデバイスが使用される電圧や温度範囲を指定します。さまざまなコンポーネントがこれらの値を設定情報として使用します。これらの値はアナログ部品にいろいろな形で影響を与えますが例えば:

     

    • ADC_CountsTo_Volts() API はこれらの値を VSSA と VDDA の入力レンジとして使用します。
    • SAR_ADC コンポーネントは入力レンジとリファレンスの設定に Vdda 電圧を使用します。
    • SC ブロックコンポーネント (TIA, PGA, PGA_Inv, Sample_Hold, Mixer) は VDDA が 2.7V 未満に設定されている場合にはクロックブーストを有効にします。

     

    さらに、これらの値はチャージポンプを有効にするかの指針にもなります。例えば、 SAR ADC では、VDDA が低い(4V未満)の場合にデータシートのAC特性規格を満たすために SAR ポンプを有効にする必要があります。VDDA の低いアプリケーションでは、コンポーネントを正常に動作させるために DWR の system 設定の VDDA が正しく設定されていることをご確認ください。アナログでは、VDDA が誤って設定されていると広範囲におよぶ問題の原因となります。チャージポンプを使用するコンポーネント (例えば SAR ADC) の想定外の動作から始まって、この値を動作時に参照するコンポーネント API (例えば ADC であれば、ADC_CountsTo_Volts() API) の誤った結果等が挙げられます。