EZ-BLE™ Crearotrモジュールを使用したUART-to-BLEブリッジ - KBA97015 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by HiOm_1802421          Version: **

     

    Translation - English: UART-to-BLE Bridge Using the EZ-BLE™ Creator Module – KBA97015

     

    質問:

    EZ-BLE Creatorモジュール (CYBLE-022001-00) を使用してUART-to-BLEブリッジを実装することは可能ですか?サイプレスは、このアプリケーションを実証するためのサンプルプロジェクトを提供していますか?

     

    回答:

    はい、EZ-BLE Creatorモジュール (CYBLE-022001-00) を使用してUART-to-BLEブリッジを実装することは可能です。サイプレスは、このアプリケーションを実証するために2つの簡単なサンプルプロジェクトを提供しています。

     

    UART-to-BLEブリッジのサンプルプロジェクト

     

    1. UART-to-BLE ペリフェラルサンプルプロジェクト
      Image_1.png

      図1 UART-to-BLE ペリフェラルサンプルプロジェクト


      EZ-BLEモジュールのシリアル通信ブロック(SCB)はUART端子として構成されます。 BLEコンポーネントは、BLE 汎用アクセスプロファイル(GAP) ペリフェラルと汎用属性プロファイル(GATT) サーバロールに構成されます。 プロジェクトには、2つのカスタム特性を使用するカスタムBLEサービス(Server_UART)が実装されています。
      • Server_UART_Rx_data:Write without Response コマンドを介して任意のセントラルデバイスからデータを受信します。
      • Server_UART_Tx_data:Notification を介して任意のセントラルデバイスへデータを送信します。

        このプロジェクトは以下でテストできます:
        • CySmart PCツールは、CySmart USBドングル(CY5670)と接続し、BLEセントラルデバイスをエミュレートします。
        • 次のセクションで説明するI2C-to-BLE セントラルプロジェクトは、BLE Pioneer Kitにプログラムし、BLEセントラルデバイスとして動作します。
    2. I2C-to-BLE セントラルサンプルプロジェクト
      Image_2.png

      図2 UART-to-BLE セントラルサンプルプロジェクト

      EZ-BLEモジュールのSCBはUART端子として構成されます。BLEコンポーネントは、BLE GAPセントラルおよびGATTクライアントロールに構成されます。セントラルデバイスは、ペリフェラル側のカスタムサービスと特性を検出し(UARTからBLEへのペリフェラルのサンプルプロジェクトのセクションで説明)、対応するハンドルを使用してデータを送受信します。

      ここで説明するサンプルプロジェクトは、EZ-BLE Creator 評価ボード (CYBLE-022001-EVAL)BLE Pioneer Kit (CY8CKIT-042-BLE) を使用してプログラミングおよびデバッグ出来ます。USB-UART BLE Pioneer Kit またはその他の外部UARTトランシーバをUART通信に使用できます。

    サンプルプロジェクトの場所サンプルプロジェクトは、ユーザーガイドと共に次の場所にあります: https://github.com/cypresssemiconductorco/EZ-BLE_PRoC_Module/Ftree/master/Example_projects/UART_to_BLE サンプルプロジェクトのダウンロードプロジェクト全体(UART-to-BLEペリフェラルとUART-to-BLEセントラル)と、ユーザーガイドをダウンロードするには、次の手順に従ってください。

      1. github.comのサンプルプロジェクトページ(上記のセクションの場所)へ移動し、UART_to_BLE.zip を以下の図のように選択します。
        Image_3.png
      2. 次の図に示すように、「Raw」ボタンを選択します。 全てのプロジェクトファイルと、ユーザーガイドが.zipファイルとしてダウンロードされます。
        Image_4.png

     

    サポートするキットとソフトウェア

    プロジェクト

    PSoC Creator
    バージョン

    コンパイラ

    開発キット

    V3.1 SP2

    V3.1 SP1
    以前

    GCC

    MDK

    RVDS

    CY8CKIT-042-BLE with
    CYBLE-022011-EVAL

    CY8CKIT-042-BLE with
    PRoC BLE module
    (CY5671 or CY5674)

    CY8CKIT-042_BLE with
    PSoC 4 BLE module
    (CY8CKIT-142 or CY8CKIT-141)

    UART-to-BLE ペリフェラルプロジェクト

    はい

    いいえ

    はい

    はい

    はい

    はい

    いいえ

    いいえ

    UART-to-BLE セントラルプロジェクト

    はい

    いいえ

    はい

    はい

    はい

    はい

    いいえ

    いいえ


    備考:
    サンプルプロジェクトは、Pioneer Kitで最大115200bpsのボーレートをサポートしています。 外部UARTトランシーバを使用している場合、より高いボーレートがサポートされます。ブリッジプロジェクトのスループットは、BLEリンクの環境と品質に依存します。