USBFS v1.0 ドライバ Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable() 関数のバグ - KBA225989 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  Motoo Tanaka Expert         Version: **

     

    Translation - English: Bug in Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable() Function of USBFS v1.0 Driver - KBA225989

     

    質問:USBFS ドライバを endpoint management mode が CPU Manual の設定で Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable() をコールするとフォールトが発生するのはなぜですか?

     

    回答:

    Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable() は endpoint management mode を確認せずに内部の関数で DMA チャンネルをディセーブルします。CPU Manual モードでは DMA チャネルはアロケートされていないため、DMA の関数が正しくない引数でコールされ、それがフォールトの原因になっています。

    この問題を回避するためには、下記のように disable 関数を実装してください:

     

    void Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable_CpuMode(USBFS_Type *base, cy_stc_usbfs_dev_drv_context_t *context)

    {

        /* 使用しない変数に関するウォーニングを止める */

        (void) context;

     

     

        /* D+ のプルアップをディセーブルする */

        USBFS_DEV_LPM_POWER_CTL(base) &= ~USBFS_USBLPM_POWER_CTL_DP_UP_EN_Msk;

        (void) USBFS_DEV_LPM_POWER_CTL(base);

     

     

        /* デバイスの USB トラフィックに対する応答をディセーブルする */

        USBFS_DEV_CR0(base) &= ~USBFS_USBDEV_CR0_USB_ENABLE_Msk;

    }

     

     

    USBFS ドライバのこの問題は Cy_USB_Dev_Disconnct() 関数が Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable() 関数をコールしているため USB Device ミドルウェアにも影響を与えます。

    この問題を回避するためには、下記のように disconnect 関数を実装してください:

     

    void Cy_USB_Dev_Disconnect_CpuMode(cy_stc_usb_dev_context_t *context)

    {

        /* D+ のプルアップをディセーブルする */

    USBFS_DEV_LPM_POWER_CTL(context->drvBase) &= ~USBFS_USBLPM_POWER_CTL_DP_UP_EN_Msk;

        (void) USBFS_DEV_LPM_POWER_CTL(context->drvBase);

     

     

        /* デバイスの USB トラフィックに対する応答をディセーブルする */

        USBFS_DEV_CR0(context->drvBase) &= ~USBFS_USBDEV_CR0_USB_ENABLE_Msk;

     

     

        /* デバイスを初期状態に設定する */

        context->state   = CY_USB_DEV_DISABLED;

        context->address = 0U;

        context->configuration  = 0U;

    }

     

    この Cy_USBFS_Dev_Drv_Disable() 関数のバグは次のペリフェラルドライバライブラリ (PDL) のリリースで修正される予定です。