PSoC Creator Secure Image Project の ポストビルドエラー - KBA227609 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  Motoo Tanaka Expert          Version: **

     

    Translation - English: Post Build OpenSSL Error in Secure Image Project in PSoC Creator - KBA227609

     

    質問:

    PSoC® Creator のセキュアイメージプロジェクトが OpenSSL エラーでポストビルドに失敗します。どのように対策したら良いでしょうか?

     

    回答:

    PSoC Creator でセキュアイメージプロジェクトをビルドした時に、以下のエラーでポストビルドが失敗します。

     

    001-pastedImage_0.png

     

    これは OpenSSL のヴァージョンが古いか、環境変数の設定が適切ではないことによって発生します。OpenSSL のヴァージョン 0.9.8, 1.0.0, 1.0.1 はサポートされていないため使用しないでください。

     

    OpenSSL を正しく設定するために以下の手順に従ってください:

     

    1. OpenSSLv1.0.2 またはそれ以降をここ.からダウンロードしてください。お使いのアーキテクチャ (x86/x64)にあわせて適切なインストーラを選択してください。

     

    2. インストーラを実行します。

     

    3. 提示されたデフォルトのパスを選択して Next をクリックしてください。

    002-pastedImage_12.png

     

    4. 画面に表示される指示にしたがってください。

     

    5. select additional tasks のページになったところで、The OpenSSL binaries (/bin) directory を選択して Next をクリックしてください。

    003-pastedImage_13.png

     

    6. 画面に表示される指示にしたがってセットアップを完了してください。

     OpenSSL のインストール後、環境変数にパスを追加する必要があります。

     コマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行してください。

    openssl version

     下記のエラーが表示されるはずです。

    004-pastedImage_14.png

     

    環境変数のパスに OpenSSL を追加するために以下の手順に従ってください:

     

    1. システムのプロパティにアクセスします:

    • Windows 7 では、デスクトップから Computer アイコンを右クリックして、コンテクストメニューからプロパティを選択してシステムの詳細設定をクリックします。
    • Windows 8 と Windows 10 では、コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム へ移動し、システムの詳細設定を選択します。
      他の方法として、システムを検索して コントロールパネル > システム を選択します。

     

    2. システムのプロパティダイアログ内で、詳細設定タブへ移動。環境変数をクリックします。

    005-pastedImage_24.png

     

    3. 環境変数ダイアログで、システム環境変数から Path を選択して編集をクリックします。

     

    4. OpenSSL bin ディレクトリへのパスを追加します。

     

    006-pastedImage_27.png

     

    5. OK をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

     

    再度、コマンドプロンプトを起動して先のコマンドを事項します。

     openssl version

    007-astedImage_31.png

     

    openssl のヴァージョンが表示されるはずです、これですべてのアプリケーションから使用することが出来るようになったことが分かります。

     

    他の方法として、OpenSSL を Cygwin を使用して他のソースからインストールすることも可能です。この場合も Path 変数がインストールされたディレクトリを指していることを確認してください。

    PSoC Creator を起動してセキュアイメージプロジェクトをビルドしてください。ポストビルドも成功するはずです。

     

    注意:もし PSoC Creator が既に起動している場合、変更を有効にするために再起動してください。