CY8CKIT-001 のプロジェクトを CY8CKIT-030 または CY8CKIT-050 に移行する - KBA203633 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  Motoo Tanaka Expert           Version: **

     

    Translation - English: Migrating a Project from CY8CKIT-001 to CY8CKIT-030 or CY8CKIT-050 - KBA203633

     

    質問:

    CY8CKIT-011 用に設計されたサンプルプロジェクトを CY8CKIT-030 や CY8CKIT-050 で動作させるのにはどうしたら良いですか?

     

    回答:

    CY8CKIT-030 と CY8CKIT-050 は CY8CKIT-001 とは異なるアーキテクチャになります、そのため CY8CKIT-001 から CY8CKIT-030 または CY8CKIT-050 へ移行する前にいくつかのピンを再設定する必要があります。

     

    CY8CKIT-030/050 と CY8CKIT-001 の違い (キット上のすべてのバイパスコンデンサに注意)

     

    CY8CKIT-030/050 と CY8CKIT-001 は同様の機能を持ちますがピン設定に差があります。CY8CKIT-011 はスイッチ、LED、ポテンショメータなどのすべての試作用リソースはユーザーが自由なピンに接続できるようにヘッダに接続されています。 CY8CKIT-030 と CY8CKIT-050 では、スイッチ、LED、ポテンショメータはデバイスの特定のピンに結線されています。

     

     

    下記表にボードで接続されている各試作リソースを示します。

     

    CY8CKIT-001CY8CKIT-030CY8CKIT-050
    スイッチ

    2個のスイッチ
        ヘッダ P14 の

     2ピンに接続されています

    2個のスイッチ
        P15[5] と P6[1] に
        それぞれ接続されています
    2個のスイッチ

     P15[5] と P6[1] に

        それぞれ接続されています

    LED

    4個の LED すべて
        ヘッダ P14 に接続されていて

     ジャンパワイヤを使用して

     出力ピンに接続するように

     なっています

    LED の内 2個は
       6[2] と P6[3] に

     それぞれ接続されています。
       他の 2個は P6 ヘッダに

     接続されています。

    LED の内 2個は
       6[2] と P6[3] に

     それぞれ接続されています。
       他の 2個は P6 ヘッダに

     接続されています。

    ポテンショメータ

    ヘッダ P14 の Vr というピンに

     接続されています。

    ピン P6[5] に接続されていと共に
     ヘッダ P6 の Vr というピンにも

     接続されています。

    ピン P6[5] に接続されていと共に
     ヘッダ P6 の Vr というピンにも

     接続されています。

    CapSense ボタン2個のボタンが P0[5] と P0[6] に
     接続されています

    2個のボタンが P5[5] と P5[6] に

     接続されています

    2個のボタンが P5[5] と P5[6] に

     接続されています

    CapSense スライダ5-エレメントリニアスライダが
        P0[0:4] に接続されています
    5-エレメントリニアスライダが
        P5[0:4] に接続されています

    5-エレメントリニアスライダが

        P5[0:4] に接続されています

    CapSense 用
    変調コンデンサ
    PSoC3 プロセッサモジュール
        (CY8CKIT-009)では
        Cmod は P2[7] に接続されています。
    PSoC5 プロセッサモジュール
        (CY8CKIT-010) でが
        Cmod は P15[5] に接続されています。
    CMod は P6[4] に接続されていますCMod は P6[4] に接続されています

     

     

    下記回路図のスニペットからそれぞれのキットのピン配置の様子が見て取れます。

     

    001-1.png

     

    002-2.png

     

    CY8CKIT-030 または CY8CKIT-050 で動作させるために必要なプロジェクトへの変更

     

    二つのボードのアーキテクチャの違いにより、CY8CKIT-001 用のプロジェクトを CY8CKIT-030 または CY8CKIT-050 で動作させるためにはピンの再設定が必要になります。プロジェクトの cydwr ファイルのピン配置を変更するだけのことです。下記のようにしてください:

     

    1. プロジェクトの スイッチを使用している Digital Input を cydwr ファイルの入力ソースとして P15[5] と P6[1] のどちらか、または両方にアサインしてください。
    2. LED 出力の接続は P6[2] か P6[3] に接続してください。
    3. ポテンショメータを使用している Analog Input をポテンショメータの出力 P6[5] に再設定してください。もしくは、P6 ヘッダの Vr ピンをジャンパワイヤで PSoC デバイスのご所望のピンに接続することも可能です。
    4. CapSense センサの接続を P5[5] と P5[6] に再設定してください。5-エレメントのスライダセンサは P5[0:4]に設定してください。Cmod を P6[4] に設定変更してください。
    5. Port 6 と Port 15 のピンは他のポート、例えば Port 0 や Port 3 に変更してください。これは CY8CKIT-030 と CY8CKIT-050 では Port 6 と Port 15 は基板上のコンポーネントに接続されてしまっているためです。さらに、Port 0 や Port 3 を使用すると基板上でこれらの信号へのアクセスが容易になります。
    6. CY8CKIT-030 では、入出力ピンは Port E と Port D コネクタを経由してアクセスしてください。 Port E は Port 0, Port3, Port 4 の全てのピンを含んでいます、Port D は Port 1, Port 2, Port 5 のピンとなります。

     

    下図は CY8CKIT-030 と CY8CKIT-050 で最適にアサインされたピン設定です。

     

    003-3.png