PSoC®3、またはPSoC 5 Del Sig ADCからより良いパフォーマンスを得るための最適な増幅方法 - KBA81866 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MaMi_1205306          Version: **

     

    Translation - English: Best Method of Amplification to get Better Performance from PSoC® 3 OR PSoC 5 Del Sig ADC - KBA81866

     

    質問:

    PSoC 3、またはPSoC 5のDel Sig ADCを使用するために利用可能な異なる増幅の方法は何ですか?

    より良いパフォーマンスを得るためのそれらの最良の方法は何ですか?

     

    回答:

    Del-Sig ADCの入力信号は次の方法で増幅できます。

    1. デルタシグマ変調器の入力でADCバッファを使用する

     (ADCバッファゲインはDel Sig ADCコンポーネント構成ウィンドウで構成できます)

    2.  ADCの入力でPGAを使用する

     (PGAコンポーネントをドラッグアンドドロップし、PGAコンポーネント構成ウィンドウでゲインを構成する)

    3.  ADCの低い入力範囲を選択して変調器ゲインを使用する(差動モードのみ)

                                                                                                                                                           

           

      Input Range

       

          Equivalent Modulator Gain

      
       

          -Input +/- Vref

      
       

          1

      
       

          -Input +/- Vref/2

      
       

          2

      
       

          -Input +/- Vref/4

      
       

          4

      
       

          -Input +/- Vref/8

      
       

          8

      
       

          -Input +/- Vref/16

      
       

          16

      
       

          -Input +/- 2 * Vref

      
       

          1/2

      
       

          -Input +/- 6 * Vref

      
       

          1/6

      

     

    より良い結果を得るために、次の増幅順序が推奨されます。

     

    変調器ゲイン> ADCバッファ > PGA

     

    注:Del Sig ADCの変調器ゲインとは何ですか?

     

    デルタシグマ変調器はオペアンプの周りに入力コンデンサとフィードバックコンデンサを備えたスイッチドコンデンサブロックです。

    コンデンサのサイズによって入力信号の増幅が決まります。

    入力電圧の選択に基づいてPSoC Creatorは自動的にサイズを決定し、それらを使用します。

    使用できる入力コンデンサとフィードバックコンデンサのセットが限られているため、特定のゲイン係数しか使用できません。