UART Rxピンを使用してPSoC®6デバイスをディープスリープモードからウェイクアップさせる方法 - KBA224347 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert         Version: *A

     

    Translation - English: Use UART Rx Pin to Wake up PSoC® 6 Device in Deep Sleep Mode – KBA224347

     

    質問:

    UART Rxピンを使用して、PSoC®6デバイスをディープスリープモードでウェイクアップするにはどうすればよいですか?

     

    回答:

    SCB_UART_PDLコンポーネントは、ディープスリープモードからデバイスをウェイクアップできません。ただし、この目的にはGPIO機能が使用できます。デバイスがディープスリープモードに入っているとき、GPIO割り込みはディープスリープモードのPSoC 6デバイスをウェイクアップできます。UART RxピンはGPIOピンとして機能します。ディープスリープモードでPSoC 6デバイスをウェイクアップするようにUART Rxピンを構成します。

    図1 はCreator 4.2プロジェクトの回路図を示し、図2 はModusToolbox Congfiguratorの設定を示しています

     

    pastedImage_0.png

    1. Creator 4.2プロジェクトの回路図

     

    pastedImage_14.png

    2. ModusToolbox Device Configurator

     

    UART Rxピンを使用してこれらの手順を実行し、ディープスリープモードのPSoC 6デバイスをウェイクアップします。

    1. PSoC 6デバイスがディープスリープモードに入る前に、CM4 またはCM0 +に割り当てられたGPIO割り込みを初期化して有効にします。

     

    PSoC Creatorでのコードスニペット:

    pastedImage_31.png

     

    ModusToolboxでのコードスニペット:

    pastedImage_32.png

     

    2. PSoC 6デバイスがウェイクアップしたら、割り込みを無効にします。

     

    PSoC Creatorでのコードスニペット:

    pastedImage_36.png

    ModusToolboxでのコードスニペット:

    pastedImage_38.png

     

    3. テスト結果を図3に示します。

    4. API Cy_SysPm_DeepSleepCY_SYSPM_WAIT_FOR_INTERRUPT)」 を使用してPSoC 6デバイスのディープスリープモードに入ります。UART Rxピンがデータを受信すると、デバイスはウェイクアップします。

    コマンド0x00 0x00 0xcc 0x14 0xff 0xff 0xff 0xff 0xff 0x25を使用してテストします。図3は、「0xcc 0x14 0xff 0xff 0xff 0xff 0xff 0x25」のデータを正しく受信できることを示しています。

    pastedImage_45.png

    3. UART送受信データ