S6BT112A CXPIトランシーバー:CXPIネットワークでのデータ衝突の検出 – KBA212908 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  NaTa_2243041          Version: *A

     

    Translation - English: S6BT112A CXPI Transceiver: Detecting Data Collision in a CXPI Network – KBA212908

     

    質問:

    CXPI(Clock eXtension Peripheral Interface)ネットワークのノードはどのようにしてデータの衝突を検出しますか?

     

    回答:

    通常の状態においては、各ノードは常にCXPIバスから受信したビットとCXPIバスに送信されたビットを比較します。

    送信ビットと受信ビットの値が一致していれば、ノードは継続的にCXPIバスに送信できます。

    値が不一致になった場合は、ノードはアービトレーションの喪失を検出するため、そのビットの後のビットの送信は中止されます。

     

    送信ノードがアービトレーションの喪失を検出した場合、トランシーバは次のビットからストップビットへのデータ送信を停止するため、受信ノードとして動作します。 2つ以上のノードが同時に送信を開始すると、最も優先度の高いフレームを送信するノードのみが、調停によって送信を完了できます。

     

    MCUは常に送信データ(TXD)と受信データ(RXD)を比較します。

    データの差異が検出された場合、MCUはインターフレーム スペース(IFS)が見つかるまでデータ送信を停止します。