CY22150で構成されたCyClocksRTによるチャージポンプ設定の取り扱い - KBA82605 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MaMi_1205306        Version: **

     

    Translation - English: Charge Pump Setting Handling by CyClocksRT While Configuring CY22150 - KBA82605

     

    質問:

    CY22150についてJEDECファイルを設定しながら、CyClocksRTソフトウェアはどのようにチャージポンプの設定を計算していますか?

     

    回答:

    CyClocksRTは独自のアルゴリズムを用いてチャージポンプの値を最適化します。

    データシートの表はPLLの安定性を保証しますが、必ずしも最適なソリューションであるとは限りません。 重要な構成については、CyClocksRTチャージポンプの値を参照することをお勧めします。

    データシートの値は可能な限り広い範囲のP値をカバーするように設定されていますが、CyClocksRTは使用するP値を正確に認識しています。

    データシートの表では、特定の範囲のP値で許容される最小のチャージポンプ値を選択しています。

    値が最も低いと安定性が最も高くなります。

    CyClocksRTはチャージポンプの最も高い設定からループ帯域幅を計算します。

    位相検出器の周波数(VCO / Pに等しい)が計算された帯域幅の5倍である時、検索を停止します。

    それ以外の場合は次に低いチャージポンプ設定に移行し、再度計算を実行します。