CY8CKIT-050 DVKでのPSoC®5LPのP0 [2]およびP0 [4]ピンの使用 - KBA210691 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161        Version: **

     

    Translation - English: Using P0[2] and P0[4] Pins of PSoC® 5LP on CY8CKIT-050 DVK - KBA210691

     

    質問:

    アプリケーションでポート0のピン(特にP0 [2]およびP0 [4])を使用すると、プロジェクトが期待どおりに動作しないことがわかります。これらのピンにアプリケーション固有の問題はありますか?

     

    回答:

    DVKJ43J44のジャンパーを見るとわかるように、P0 [2]P0 [4]からの静電容量をグラウンドに接続します。これらのジャンパーは、デフォルトでDVKに接続されています。これらの容量は、SAR ADCに使用されるバイパスコンデンサです。したがって、これらのバイパスコンデンサを使用しない場合は、ジャンパーを取り外す必要があります。これによりアプリケーションが機能するようになります。

    例:高周波のDAC出力がこれらのピンのいずれかにルーティングされている場合、コンデンサはフィルターとして機能し、出力では信号は観測されません。コンデンサが取り外されている場合は、必要な信号を観察する必要があります。