PSoC® デバイスプログラミング中に発生するシリコン ID 不一致エラーについて - KBA221305- Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by MoTa_728816         Version: **

     

    Translation - English: Silicon ID Mismatch while Programming PSoC® Devices - KBA221305

     

    質問:

    PSoC デバイスのプログラミング中に、シリコン ID 不一致 というエラーが発生します。どのように対処したら良いでしょうか?

     

    回答:

    一般にこのエラーが発生するシナリオは二つあります。

     

    1. 取得されたシリコン ID が、データベースに登録されているものと全く違う場合。例えば、期待されているシリコン ID が “0E 21 11 9E” であるのに、「Detected silicon ID: "FF FF 12 A3" is not in database」というエラーが報告される場合。

     

    原因:これはコアが推奨電圧よりも高い電圧で駆動されている場合に発生する可能性があります。例えば、PSOC 4 Vccd ピンの推奨最大電圧は 1.89V です。設計者が誤って Vccd と Vddd を接続してしまった場合、Vccd ピンには 3.3/5V が供給されます。これは上記のようなエラーを発生する原因になるだけではなくコアを破損する可能性もあります。

     

    2. 所得されたシリコン ID の三番目のバイトがデータベースの byte[2] と異なる場合。例えば、 期待されているシリコン ID が “0E 21 11 9E” であるのに、「Detected silicon ID: "0E 21 19 9E" is not in database」というエラーが報告される場合。

     

    原因:このエラーは独自のデバイスプログラマーを開発してプログラムを行おうとした場合に発生します。三番目のバイトはシリコンのリビジョン ID を示します。

    byte[0] - シリコン ID MSB

    byte[1] - シリコン ID LSB

    byte[2] - リビジョン ID

    byte[3] - ファミリ ID

     

    リビジョン ID はプログラミングには関与しませんので無視してください。リビジョン ID の変更は機能には影響を与えません。