SAR ADCのVrefを動的に変更する – KBA227544 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by HiOm_1802421         Version: **

     

    Translation - English: Dynamically Changing Vref in SAR ADC – KBA227544

     

    Vref電圧は Component configuration ウィンドウで、内部1.024V、VDDA/2または VDDA から選択できます。(図1 参照)

     

    「バイパス」オプションを選択して Vref を GPIO ピンに配線し、これを使用してバイパスコンデンサを接続できます。Vref バイパスとして使われる正確な GPIO ピンは、デバイスファミリデータシートの pinouts セクションを参照してください。(データシート: PSoC 3PSoC 5LPPSoC 4PSoC 4 BLE)

     

    Image_0.png

    図1:コンポーネントエディタのVref選択

     

    CYREG_SAR_CTRL レジスタは、実行時に変更できる Vref 選択オプションがあります。バイパスコンデンサオプションを有効にするには CYREG_SAR_CTRL のビット7を1に設定します。ビット6:4を使用して、特定の Vref 設定を選択します。

     

    疑似コード:

    uint32 temp;

     

    temp = CY_GET_REG32(CYREG_SAR_CTRL);

    temp &= 0xFFFFFF0F;

    temp |= 0x000000C0; //1.024 reference

    CY_SET_REG32(CYREG_SAR_CTRL, temp);

    CyDelay(100); // Wait for 100ms for ADC to settle to the new Vref

     

    temp = CY_GET_REG32(CYREG_SAR_CTRL);

    temp &= 0xFFFFFF0F;

    temp |= 0x000000E0; //VDDA/2 reference

    CY_SET_REG32(CYREG_SAR_CTRL, temp);

    CyDelay(100);

     

    temp = CY_GET_REG32(CYREG_SAR_CTRL);

    temp &= 0xFFFFFF0F;

    temp |= 0x000000F0; // VDDA reference

    CY_SET_REG32(CYREG_SAR_CTRL, temp);

    CyDelay(100);

     

    ADCが新しいVref設定で確定するまでにはしばらく時間がかかります。ADCが新しい設定で安定し正しい出力を得るには100ミリ秒の遅延を挿入することを推奨します。