タイトル:Traveo S6J3XXXシリーズのデバッガ接続失敗 - KBA219108- Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by keni_4440091          Version: **

     

    Translation - English: Debugger Connection Failure in Traveo S6J3XXX Series – KBA219108

     

    質問:

    デバッガ接続を有効にした場合、下記メッセージが生成され、接続が失敗します。何が起きえますか?

     

    SCCFG_STAT2 could not be read!

    SCCFG_STAT2 value 0x5

    SCCFG_STAT2_DBGRDY==1!

     

    回答:

    下記の理由からこの現象は起きえます。

     

    1) 間違った動作モード設定

    ユーザーモード(シリアル書き込みモードのような)以外のモードでデバッガ接続を有効にした場合、接続は失敗します。MODEピン入力レベルが正しい事を確認して下さい。

     

    2) MCUセキュリティー機能を有効にする

    リセットまたは電源停止が起きた場合、セキュリティーマーカー上でセクターイレーズを実行している、またはTCフラッシュチップイレーズを実行している間、セキュリティー機能は有効かもしれません。フラッシュメモリを再プログラミングしている間、電源停止やリセットがない事を確認して下さい。対策として、PCのシリアル書き込みの“イレーズ”か“フルチップイレーズ”コマンドを使用してフラシュメモリをイレーズして下さい。

     

    3) 接続不良

    コネクタボードを使用している場合、JTAGとソケット間のコネクタの接続不良をチェックして下さい。

     

    4) 外部発振クロック

    外部クロックが発振している事を確認して下さい。

     

    5) 電源供給

    電源供給を確認して下さい。

     

    注意:

    KBAは下記のTraveo MCUシリーズに適用されます。

    • S6J3110
    • S6J3120
    • S6J3200
    • S6J3300
    • S6J3350
    • S6J3360
    • S6J3370
    • S6J3400
    • S6J3510

     

    541  閲覧 カテゴリ: MCU & PSoC: Auto MCU