ModusToolboxプロジェクトをuVision v5.30にインポートする - KBA230404 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert           Version: **

     

    Translation - English: Import a ModusToolbox Project into uVision v5.30 - KBA230404

     

    質問:
    ModusToolboxプロジェクトをµVision IDE v5.30にインポートするにはどうすればよろしいでしょうか?

     

    バックグラウンド

    ModusToolbox 2.1ビルドシステムでは、コマンドラインから次のコマンドを実行します。

    make uvision5 TOOLCHAIN = ARM

     

    ビルドシステムは、.cpdsc形式のファイルを生成します。ファイルをダブルクリックするだけで、µVision v5.28 IDEが起動し、プロジェクトファイルが作成されます。

     

    これはµVisionv5.30では機能しなくなりました。Armはこのファイル形式のサポートを削除しました。.cpdscファイルをダブルクリックすると、µVision IDEはプレーンテキストファイルとして開きます。プロジェクトは表示されません。Armと協力して問題を解決しています。

     

    回避策

    この問題を解決するには2つの方法があります。

     

    1つのオプションは、µVision v5.28のままにすることです。ファイルのインポートプロセスは正常に機能します。

     

    2番目のオプションは、µVision v5.28を使用してプロジェクトを作成し、それをµVision v5.30で開くことです。µVision v5.28µVisionv5.30の両方がインストールされている必要があります。その後、次の手順に従います。

     

    1 µVision v5.28を起動します。

     

    2 File > Openを使用して、ModusToolboxソフトウェアによって作成された.cpdscファイルに移動して開きます。これでプロジェクトが作成されます。完了すると、ModusToolboxプロジェクトフォルダ内のファイル<プロジェクト名> .uvprojx できます。

     

    3 µVision v5.28を終了します。

     

    4 µVision v5.30を起動します。

     

    5: Project > Open Projectを使用して、.uvprojxファイルを開きます。