PSoC®アナログコプロセッサの基準電圧オプション - KBA211664 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161        Version: **

     

    Translation - English: Reference Voltage Options in PSoC® Analog Coprocessor - KBA211664

     

    質問:

    PSoCアナログコプロセッサのさまざまな基準電圧オプションは何ですか?

     

    回答:

    PSoCアナログコプロセッサには、内部バンドギャップ電圧または電源電圧VDDAを使用して4つの異なる基準電圧を生成するプログラマブルリファレンスブロック(PRB)があります。基準電圧は、VSSからバンドギャップ電圧またはVDDAまでの16段階で変更できます。

     

    PSoC Creator™IDEには、基準電圧を生成および使用するための2つのコンポーネントが用意されています。

     

    1. Voltage ReferenceVref)(電圧リファレンス)コンポーネント
    2. Programmable Voltage ReferencePVref プログラム可能な電圧リファレンス)コンポーネント

     

    1.  Vrefコンポーネントは、図1に示すように、VDDAまたはSystem wide referenceオプションで固定リファレンス電圧を生成するために使用されます。


    1. Vrefコンポーネントの設定                 

    1.png

    System wide reference システム全体の基準)が選択されている場合、図2に示すように、基準電圧を設定するには、<Project_Name> .cydwrファイルで追加の設定が必要です。
      

    2.デザイン全体の基準電圧設定

    2.png

      デザイン全体の電圧リファレンスは、PRBからの4つのリファレンス電圧回路の1つを使用します。次の構成オプションがあります。    注:バンドギャップリファレンスゲインはグローバル設定です。この設定は、PRB4つの基準電圧回路すべてに適用されます。

     

    VDDAは電源電圧です。これは<Project_Name> .cydwrファイルで設定され、コンポーネントがVDDAの値と派生した基準電圧を表示するようにします。  上記のパラメータを設定すると、システム全体の参照オプションを持つVrefコンポーネントを使用できます。Vrefコンポーネントの複数のインスタンスがデザインで可能です。すべてのインスタンスは、同じ構成の同じPRBリファレンス回路を使用します。Vrefコンポーネントの詳細については、 Vref Component datasheetをご参照願います。

    1.      Reference Source 1.2V BandgapまたはVDDA

    2.      Bandgap Reference Gain – 1xまたは2x

    3.      Voltage Reference Value – VDDAまたはゲインを使用したVSSからバンドギャップ電圧までの16のオプション

    4.      VDDA references active during Deep Sleep Enable またはDisable

     

    2. PVrefコンポーネント – PVrefコンポーネントの各インスタンスは、PRB1つの基準電圧回路を使用します。PRBには4つの基準電圧回路があるため、PVrefコンポーネントの4つのインスタンスをデザインで使用できます。図3は、PVrefコンフィグレーションウィンドウを示しています。Reference SourceBandgap またはVDDAとして選択し、電圧基準を16の使用可能なオプションから選択する必要があります。

     

    3. PVrefコンポーネントの構成

      3.png

      バンドギャップ電圧ソースは、図2に示すように、<Project_Name> .cydwrファイルで構成されたバンドギャップ基準ゲインに応じて、1.2 Vまたは2.4 Vになる可能性があることに注意してください。

     

      PVRefコンポーネントの詳細については、PVrefコンポーネントのデータシートを参照してください。Programmable Reference BlockPRB)のアーキテクチャについては、テクニカルリファレンスマニュアルを参照してください。

     

    質問:

    PSoCアナログコプロセッサのさまざまな基準電圧オプションは何ですか?

     

    回答:

    PSoCアナログコプロセッサには、内部バンドギャップ電圧または電源電圧VDDAを使用して4つの異なる基準電圧を生成するプログラマブルリファレンスブロック(PRB)があります。基準電圧は、VSSからバンドギャップ電圧またはVDDAまでの16段階で変更できます。

     

    PSoC Creator™IDEには、基準電圧を生成および使用するための2つのコンポーネントが用意されています。

     

    1. Voltage ReferenceVref)(電圧リファレンス)コンポーネント
    2. Programmable Voltage ReferencePVref プログラム可能な電圧リファレンス)コンポーネント

     

    1.  Vrefコンポーネントは、図1に示すように、VDDAまたはSystem wide referenceオプションで固定リファレンス電圧を生成するために使用されます。


    1. Vrefコンポーネントの設定                 

    1.png

    System wide reference システム全体の基準)が選択されている場合、図2に示すように、基準電圧を設定するには、<Project_Name> .cydwrファイルで追加の設定が必要です。
      

    2.デザイン全体の基準電圧設定

    2.png

      デザイン全体の電圧リファレンスは、PRBからの4つのリファレンス電圧回路の1つを使用します。次の構成オプションがあります。    注:バンドギャップリファレンスゲインはグローバル設定です。この設定は、PRB4つの基準電圧回路すべてに適用されます。

     

    VDDAは電源電圧です。これは<Project_Name> .cydwrファイルで設定され、コンポーネントがVDDAの値と派生した基準電圧を表示するようにします。  上記のパラメータを設定すると、システム全体の参照オプションを持つVrefコンポーネントを使用できます。Vrefコンポーネントの複数のインスタンスがデザインで可能です。すべてのインスタンスは、同じ構成の同じPRBリファレンス回路を使用します。Vrefコンポーネントの詳細については、 Vref Component datasheetをご参照願います。

    1.      Reference Source 1.2V BandgapまたはVDDA

    2.      Bandgap Reference Gain – 1xまたは2x

    3.      Voltage Reference Value – VDDAまたはゲインを使用したVSSからバンドギャップ電圧までの16のオプション

    4.      VDDA references active during Deep Sleep Enable またはDisable

     

    2. PVrefコンポーネント – PVrefコンポーネントの各インスタンスは、PRB1つの基準電圧回路を使用します。PRBには4つの基準電圧回路があるため、PVrefコンポーネントの4つのインスタンスをデザインで使用できます。図3は、PVrefコンフィグレーションウィンドウを示しています。Reference SourceBandgap またはVDDAとして選択し、電圧基準を16の使用可能なオプションから選択する必要があります。

     

    3. PVrefコンポーネントの構成

      3.png

      バンドギャップ電圧ソースは、図2に示すように、<Project_Name> .cydwrファイルで構成されたバンドギャップ基準ゲインに応じて、1.2 Vまたは2.4 Vになる可能性があることに注意してください。

     

      PVRefコンポーネントの詳細については、PVrefコンポーネントのデータシートを参照してください。Programmable Reference BlockPRB)のアーキテクチャについては、テクニカルリファレンスマニュアルを参照してください。