Keil uVisionおよびULink2 / Ulink Proデバッガーを使用すると、デバッグポインターがmain()に到達しない - KBA229982 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161        Version: **

     

    Translation - English: Debug pointer does not reach main() when using Keil uVision and ULink2/Ulink Pro Debuggers - KBA229982

     

    質問:

    Keil uVisionおよびULink2 / ULink Pro Debuggerを使用しているときに、デバッグポインターがmain()に到達しないのはなぜでしょうか?

     

    回答:

    PSoC 6プロジェクトをPSoC CreatorからKeil uVisionにエクスポートするために実行する必要がある手順は、次の場所にあります。

    Help > PSoC Creator Help Topics > Integrating into 3rd Party IDEs > PSoC 6 Designs > Creating µVisio Projects for PSoC 6

    上記の手順は、CM4プロジェクトで機能します。しかし、CM0+プロジェクトの場合、プロジェクトをKeil uVisionにエクスポートした後、1 示すようにデバイスを正常にプログラムできることがわかりますが、デバッグしようとすると、2示すようにデバッグポインターがmain() 関数に到達する前にスタックします。

     

    1. デバイスのプログラミングが成功

    1.png

     

    2. デバッグポインターがmain()に到達しない

    2.png

    このシナリオは、CM0+コアのプロジェクトがKeil uVisionにエクスポートされ、VECTRESETオプションがULink2/Ulink Pro debugger reset modeとして選択されている場合に発生します。

     

    回避策:

    3に示すようにOptions for TargetウィンドウのDebug タブの下にある[settings]をクリックします。

     

    3. [ Setting]ボタンをクリック

    3.png

    Target Driver Setupウィンドウでは図4のように選択VECTRESET代わりにSYSRESETREQ選択します。VECTRESETモードは、デバッグプロセスが失敗するのでCortex-M0+ コアではサポートされていません。SYSRESETREQおよびVECTRESETの詳細については、このリンクをご参照してください。次に、OKクリックします。

     

    4. リセットオプションとしてSYSRESETREQを選択

    4.png

    5示すように、デバッグポインターがmain()に到達するようになります。

     

    5. デバッグポインターがmain()に到達

    5.png