ASIL D-Ready Semper Flash - KBA227836 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  YoOb_1790021        Version: **

     

    Translation - English: ASIL D-Ready Semper Flash - KBA227836

     

    質問:

    ASIL D 対応は、Semper Flash にとってどのような意味がありますか?

     

    回答:

    Semper Flash は ASIL B に準拠していますが、ASIL D 対応とは、ホストコントローラーの機能を利用することで ASIL D システムで使用できることを意味します。

     

    フラッシュ コンテンツが起動時にローカルRAMにコピーされ、フラッシュを使用せずに実行される ASIL D Store and Download(SnD)の使用例を考えます。この使用例を ASIL D にするためには、システムは次の手順を実行しなければなりません。

    1. MCUは、フラッシュデータに対してCRCチェックサムを計算し、フラッシュデバイスに保存します
    2. MCUは、フラッシュデバイスデータをRAMに転送します
    3. MCUは、RAMデータに対してCRCチェックサムを計算します
    4. MCUは、2つのCRCチェックサムを比較します

     

    SnD ユースケースでのこれらの手順は、単一障害点(SPF)につながる可能性のある一般的な原因の障害が存在しないため、安全機構の完全な独立性を備えています。加えて、これらのステップは高い自己診断率(ASIL D)を備えています。

     

    この場合において、システムレベルの安全機構が CRC を介して高い自己診断率をすでに達成しているなら、任意の品質管理(QM)デバイスを使用できます。ただし、Semper Flash には ECC の追加の利点があり、訂正の可能性を通してデバイスの有効性が向上します。一方、局所的な安全機構をきめ細かく設定すると、障害の場所を特定できます。これは、構成が破損した場合にホストがフラッシュを再起動しようとする可能性があることを意味します。ダブルビット ECC エラーが発生した場合、アドレス、カウンター、および、ECC ステータスが既知なら、Semper Flash のインターフェイスCRC機能により再送信が可能です。したがって、Semper Flash のこれらすべての安全機構は、障害を検出する可能性を高めます;したがって、システムはより高い ASIL レベルを達成できます。