LinuxでのJFFS2マウント時間の改善について- KBA218977 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by yasa_4608926          Version: **

     

    Translation - English: Improving JFFS2 Mount Times under Linux - KBA218977

     

    質問:

    JFFS2のマウント時間を高速化するにはどうすればよいですか?

     

    回答:

    Linux JFFS2フラッシュファイルシステムは2001年にLinuxカーネルに統合されました(https://en.wikipedia.org/wiki/JFFS2 を参照してください)。今日の大容量化に伴い、そのアルゴリズムの一部はランタイム動作が増大しています。例えば、ファイルシステムがマウントされた時、JFFS2は、RAMにルックアップテーブルを作成するためにフラッシュ全体のデータノードをスキャンします。これは大容量の場合に多くの時間を消費する可能性があります。マウント時間はサマリーノードを使用しないで広範なスキャンをした場合に長くなります。解析プロセスを高速化するため、すべてのセクターの終わりに小さなノードを書き込むサマリー機能オプションが提供されています。プローブ時には、これらのサマリーノードのみを解析することで、マウント時間が大幅に短縮されます。LinuxカーネルコンフィグレーションにおいてCONFIG_JFFS2_SUMMARYを有効にするだけで、この機能が有効になります。