PSoC 5: VDAC 使用時に発生するオペアンプ起動時のグリッチについて - KBA226422 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  Motoo Tanaka        Version: **

     

    Translation - English: PSoC 5: Opamp Startup Glitch while used with VDAC – KBA226422

     

    質問:

    PSoC® 5 のオペアンプの起動時にグリッチが発生します。どのように対処したら良いでしょうか?

     

    回答:

    PSoC 5 のオペアンプは VDAC と同時に使用していると起動時にグリッチを発生します。オペアンプは専用出力ピンがオペアンプにボンディングされているので、これらのグリッチがピンに現れることを止める方法はありません。グリッチは約 1 V の振幅で、発生期間は 100-200 ns です。

     

    001-pastedImage_2.png

    図 1. 観測されたグリッチ

    この問題への対応策は:

    1. RC フィルタを使用してグリッチパルスをフィルタする。
    2. オペアンプの起動前に VDAC の出力を 0 に維持することで、グリッチの振幅と期間を減少させる。
    3. オペアンプの出力を他のピンに配線する。

    オペアンプの出力に追加の配線抵抗が発生するように専用ピンに近いピンを使用してください。ピンにグリッチが乗るのを防ぐために、この配線は起動後にのみ接続してください。