シリアルSPI FRAMの書き込み有効ラッチ(WEL)ビットとシリアルSPI nvSRAMの書き込み有効(WEN)ビットの重要性 - KBA88148 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MaMi_1205306       Version: **

     

    Translation - English: Significance of the Write Enable Latch (WEL) Bit in Serial SPI FRAM and the Write Enable (WEN) Bit in Serial SPI nvSRAM - KBA88148

     

    質問:

    シリアルSPI FRAMのステータスレジスタの書き込みイネーブルラッチ(WEL)ビットとシリアルSPI nvSRAMのステータスレジスタの書き込みイネーブル(WEN)ビットは何を意味していますか?

     

    回答:

    シリアルSPI FRAMについて考えてみましょう。

    書き込み操作(ステータスレジスタやメモリへの書き込みなど)の前にWRENコマンドを発行する必要があります。

    WRENオペコードを送信すると内部書き込みイネーブルラッチが設定されます。

    これはステータスレジスタのWELフラグで示されます。 WEL = 1は書き込みが許可されていることを示します。

    ステータスレジスタのWELビットに書き込みを試みても、このビットの状態には影響しません。

    WELは書き込み操作の最後の/ CSの立ち上がりエッジで自動的にクリアされます。

    したがって、別のWRENコマンドを使用せずにステータスレジスタ、またはメモリへさらに書き込むことはできません。

    書き込み不可(WRDI)オペコードを発行することによりWELビットを手動でクリアできます。

    加えて、WRENオペコードとWRITEオペコードの間でステータスレジスタ(RDSRオペコード)を読み取っても、

    WELビットはクリアされないことに注意してください。

    したがって、一部のユーザーはWRENの直後にステータスレジスタを読み取り、WELビットが設定されていることを確認します。

    ただし、書き込み操作を完了するためにWELビットを読み取る必要はありません。

     

    1.png

     

    シリアルSPI nvSRAMも同し説明が提供されます。

    ステータスレジスタのビット1は、シリアルSPI FRAMの場合はWELとして指定され、

    シリアルSPI nvSRAMの場合はWENとして指定されることに注意してください。