MBR3 CapSenseデザインの未使用ピン接続– KBA225061 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161         Version: **

     

    Translation - English: Unused Pin Connection in MBR3 CapSense Design – KBA225061

     

    質問:

    MBR3 CapSenseデザインで未使用のピンをどのように接続する必要がありますか?

     

    回答:

    MBR3データシートのピン配置セクションに従って、未使用のピン(EZ-Click™で構成されているが使用されていない)を接続することをお勧めします。

     

    ピンがアプリケーションで使用されているかどうかに関係なく、コントローラーのすべてのピンが明確な論理状態にあることが必要です。フローティングピンである未使用のCapsenseピンを開いたままにすると、入力ノイズが発生し、電磁干渉(EMI)が増加し、消費電力が増加する可能性があります。これらのフローティングピンはアンテナとして機能し、電気的ノイズの影響を受けやすくなります。これは、おそらくCapSenseシステムと連動し、誤った結果につながる可能性があります。したがって、未使用のピンをグランドに接続することをお勧めします。これにより、ノイズに対するより優れたソリューションが提供されます。

     

    ただし、ピンにAXRES機能がある場合は、起動時にこのピンがグランドに接続されていないことを確認してください。その他の場合には、デバイスがリセットされます。したがって、一般に、未使用のピンをAXRES機能でVDDに接続することをお勧めします。

     

    GPOピンの駆動モードがオープンドレインの場合、ピンをグラウンドに接続することをお勧めします。これにより、チップの全体的な接地要件が改善され、ピンがフローティングにならないことが保証されます。GPOピンの駆動モードが強力な駆動である場合、内部でロジック0に駆動されるため、GPOピンをオープンのままにしておくことをお勧めします。これは、EMIの低減に役立ちます。

     

    EZ-Clickで未設定のピンの場合、未使用のピンを接地して、ノイズの影響を受けにくいピンにすることをお勧めします。