ZTEX USB-FPGA-Module 2.14bの概要 - KBA229369 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert           Version: **

     

    Translation - English: Getting Started with ZTEX USB-FPGA-Module 2.14b – KBA229369

     

    質問:
    FX3SとザイリンクスFPGAをインターフェイスするZTEX USB-FPGA-Module 2.14bでサンプルファームウェアを実行するにはどうすればよろしいでしょうか?

     

    回答:
    ZTEXが開発および販売するFPGAボードは、主にプロトタイピングおよび小規模シリーズ開発向けに設計されています。これらのボードは、評価キットまたは開発キットとしても使用できます。ZTEX製品では、オープンソースSDKを利用できます。

     

    デフォルトインターフェースのファームウェアをデバイスサーバーと組み合わせて使用することにより、特別なソフトウェアを開発することなくZTEX FPGAボードにアクセスできます。

     

    ZTEX USB-FPGA-Module 2.14bは、ザイリンクスXC7A35T FPGAとインターフェイスするUSBコントローラーとしてサイプレスFX3Sを使用します。このボードはZTEXオンラインストアから購入できまます。

     

    この知識ベースの記事(KBA)は、ZTEX USB-FPGA-Module 2.14b ZTEK SDKのサンプル、memfifoを実行する方法について説明しています

    この例では、WinUSBホストアプリケーションは、ザイリンクスFPGAに接続されているFX3Sと通信します。1は、USB-FPGAモジュール2.14ボードを示しています。

     

    1. USB-FPGAモジュール2.14

    1.png 

     


    ZTEXは、シリーズ2 FPGAボード用のアドオンカードであるデバッグボードも提供しています。このデバッグボードには、LED、スイッチ、およびJTAGヘッダーが含まれており、デバッグとプロトタイピングを簡素化することを目的としています。デバッグボードはZTEXオンラインストアから購入できます。ただし、このKBAで説明されているmemfifoサンプルファームウェアを実行するためにデバッグボードは必要ありません。

     

    次の手順に従ってmemfifo例を実行します。

     

     

    1. ここからZTEX SDKztex-191017.zipダウンロードします。

    2. ご使用のPCC:\Program Files\Javaに移動し、Javaランタイム環境JRE 7以上がインストールされているかどうかを確認します。そうでない場合は、ここに記載されているパッケージを実行するためのソフトウェア要件セクションを参照してください。

    3. USB-FPGAモジュール2.14ボードで、ジャンパー1JP1)が閉じていることを確認します。詳細については、ここに記載されているJP1セクションを御覧ください。

    4. ボードをPCUSB SuperSpeedUSB 3)ポートに接続します。

    5. Cypress USBデバイスドライバー(cyusb3.sys)がPCにインストールされている場合、ボードは、2示すように、デバイスマネージャーのユニバーサルシリアルバスコントローラーセクションでCypress FX3 USB Bootloader Deviceとしてエニュメレートされます

     

    2. Cypress FX3 USBブートローダーデバイスとしてエニュメレートされたボード

    2.png

      

    デバイスドライバーが利用できない場合、ボードは、3示すように、デバイスマネージャーの[その他のデバイス]セクションでWestBridgeとしてエニュメレートされます

    3. デバイスマネージャーのその他のデバイスセクション

    3.png   

     

    どちらの場合でも、Zadigアプリケーションを使用して、デバイスドライバーをWinUSBに更新します(4参照)。

     

    4. Zadigアプリケーションを使用したデバイスドライバーの更新

      4.png 

    Zadigアプリケーションはここからダウンロードできます。

    WinUSBがインストールされると、デバイスはデバイスマネージャーのUniversal Serial Bus devicesセクションの下に表示されます(図5を参照

     

    5. デバイスをWinUSBドライバーにバインドした後

      5.png 

    6. ダウンロードしたZTEX SDKのパスに移動します。
        ${ZTEX SDK Path}\ztex-191017\ztex\default\usb-fpga-2.144

    7. prog-2.14b.bat実行します。プロンプトが表示されたら、[continue]押します。6示すように、ボードが再びエニュメレートされます。

     

    6. 2つのインターフェイスでエニュメレートされたデバイス

         6.png

    8. 手順5に従って、6に示す両方のインターフェイスをWinUSBドライバーにバインドします。これで、デバイスマネージャーが更新されました(7参照)。

     

    7. 両方のインターフェイスをWinUSBドライバーにバインドした後

         7.png

    9. デフォルトのファームウェアがボード上で実行されます。ダウンロードしたZTEX SDKのパスに移動します:
        ${ZTEX SDK Path}\ztex-191017\ztex\examples\memfifo

    10. memfifo.bat実行します。8示すように、コマンドプロンプトにログが表示されます

     

    8. バッチファイルの実行した時のコマンドプロンプトログ

         8.png

    この例では、memfifoサンプルディレクトリにあるReadmeファイルに記載されているテストを実行します。テストの詳細については、memfifoサンプルディレクトリのMemFifo.javaファイルを参照してください。memfifoサンプルディレクトリは${ZTEX SDK Path}\ztex-191017\ztex\examples\memfifo であることに注意してください。

     

    参考文献: